menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか-大前研一氏を総括責任者とするプロジェクトチームの中間報告

先週の金曜日に、経営コンサルタントの大前研一氏を総括責任者とするプロジェクトチームが、「福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか」という中間報告をまとめ、細野原発事故収束・再発防止担当大臣に中間報告を提出しました。

この報告書は全186ページに及び、私もすべてに目を通したわけではありませんが、津波到来の瞬間の写真など、あまり報道ではみたことがないような記録がきちんと公開されています。また、福島第一原発の津波直後の浸水状況の経過などの写真や、電源盤の状況などが克明に記録されています。

大前氏は、今回のプロジェクトを一市民として無償で行う代わりに、政府や東電の意向は関係なく事実を事実として公表することを条件にこのプロジェクトを取りまとめたそうです。

ざっとみた感じでは、様々な情報は記録され認識されていたが、それが世間一般には正しく公表されていなかったという感じがします。悪く言えば、分かっていたのに敢えて公表しなかったという事項が多々あったように感じます。
このような中間報告がまとめられたことにより、今後適切な情報開示が行われなかった原因がどこにあったのかが究明されることを期待します。

また、You Tubeでは今回の件に関して2時間にわたり大前研一氏による解説が行われていますので、まずそちらを見てから中間報告を見るのがいいのではないかと思います。

You Tubeの解説映像は↓
http://www.youtube.com/watch?v=Fbnh31jS2hk

中間報告については、以下からダウンロード可能です
http://pr.bbt757.com/pdf/interimrepo_111028.pdf

中間報告のサマリー版は以下からダウンロード可能 です(サマリーといっても37ページあります)

http://pr.bbt757.com/pdf/summary_111028.pdf

日々成長

関連記事

  1. 需給逼迫による計画停電の実施と一層の節電のお願いについて

  2. 2011年も折り返し地点

  3. 成長するということ

  4. 3年目に突入

  5. ワンデープロクリア(日本名:ワンデーアクエアプロシー)が今なら1…

  6. 閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る