menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  2. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  3. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  4. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  5. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  6. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  7. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  8. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  9. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
  10. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場合の取…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

連結納税(その5)-連結納税のデメリットは?

連結納税のメリットについては、”連結納税(その4)”までで書いたので、今回は連結納税のデメリットについてです。

一度連結納税を選択すると、やむを得ない事情があるとき以外は継続適用が必要となりますのでデメリットについてもよく理解しておく必要があります(法人税4条の5第3項、5項)。

「やむを得ない事情」については連結納税基本通達1-3-6の解説によれば、「連結開始時に予見しえない後発的な事情(例えば、連結法人数の急増等)により、著しく事務負担が過重となるに至った結果、連結納税を適用していくことが困難と認め得られる場合など」が該当するとされています。一方で、「単に税負担が軽減されることのみを理由として連結納税を適用しないこと」はやむを得ない事情に該当しないとされています。

連結納税を導入した場合のデメリットとしては以下のようなものが考えられます。

(1)事務処理負担が増加する
(2)繰越欠損金が切り捨てられてしまう場合がある
(3)子会社の含み益に課税される可能性がある

(1)事務処理負担が増加する

申告の概要については別途まとめようと思いますが、基本的なイメージとしては従来通り個別の税務調整に加えて連結ベースの調整を行うということになります。グループ法人税の導入に伴い、単体納税との差は縮小しているといえるものの、単体納税よりも手間がかかるといえるのではないかと思います。

例えば、連結グループ全体で判断しなければならない税額控除の額などについては、各会社から情報を収集して税額控除の金額を算出し、各社に配分するという手続きが必要となります。ただし、連結子法人では従来自分の会社で計算していたところ基礎データの提出だけで済むようになるのでむしろ手間が減ると言えるかもしれません。

また、社内で連結納税についてのノウハウを蓄積するのにも時間と費用がかかります。外部の税理士(法人)などに丸投げすることもあり得ますが、どのような方針で組織を再編していくかなど社内で検討できる人材がやはり必要なのではないかと思います。

会計士試験に合格して就職できない人がたくさんいるようなので、若い合格者を雇って連結納税担当にさせるというのもありではないでしょうか。

(2)繰越欠損金が切り捨てられてしまう場合がある

平成22年税制改正前は連結子法人の繰越欠損金がすべて切り捨てられてしまうこととなっていたため連結納税の採用の足かせとなっていたという点は以前も少し触れました。
平成22年税制改正後においても、連結子法人となる法人の繰越欠損金は原則として切り捨てられます(法人税法81条の9第2項)。

しかしながら、平成22年税制改正により、特定の連結子法人(「特定連結子法人」とする)となる連結納税開始・加入前の繰越欠損金を特定連結欠損金として引き継ぐこととされました(法人税法81条の9第2項1号、第3項1号)。
逆にいえば、特定連結子法人に該当しない場合には、その子会社の繰越欠損金が切り捨てられてしまうことになります。

そこで、「特定連結子法人」とは何か、および「特定連結欠損金」として引き継ぐとはどういうことかが問題となります。

順序は逆になりますが、「特定連結欠損金」は、その法人の個別所得を上限として控除することができる欠損金を意味します(法人税法81条の9第1項、3項)。つまり、他の連結法人の所得と損益通算して回収することはできませんが、その法人に所得が生じた場合には使用できる繰越欠損金といえます。この制度が使用可能であれば、単体納税でも所得がでなければ繰越欠損金を使用することはできませんので、連結納税を採用しても不利益はないということになります。

しかし、実際には「特定連結子法人」のみ「特定連結欠損金」の引き継ぎが認められます。なお、「特定連結子法人」の範囲は、連結納税開始時・加入時に時価評価が必要となる子法人の範囲と同じです。

詳細な説明は分量が多くなるので次回にしますが、連結納税(その2)で概要を記載しているのでそちらを参照してください。

(3)子会社の含み益に課税される可能性がある

時価評価の対象となるのは(2)で述べた「特定連結子会社」に該当しない子会社となります。含み益が課税されるというのは裏を返せば含み損は損金算入することができます。ですので、一概にデメリットということではありませんが、含み損を相殺できる課税所得が存在しないと、繰越欠損金は引き継ぐことはできませんのでデメリットとなってしまいます。

時価評価が必要な資産は限定されており、基本的には固定資産、土地(土地の上に存する権利を含み、固定資産に該当するものを除く)、金銭債権、有価証券(売買目的有価証券、償還有価証券を除く)及び繰延資産が対象となります(法人税法61条の11第1項、法人税法施行令122条の12第1項2号、3号)。

また、含み損益の金額的基準も設けられており、含み損益がその子法人の資本金等の額の2分の1または1000万円のいずれか少ない金額に満たないものは時価評価対象外とされています(法人税法施行令122条の12第1項4号)。

次回は特定連結子法人の範囲についての詳細を確認します。

日々成長

関連記事

  1. 専門家に払う報酬は源泉する必要がある?

  2. ”有価証券報告書の作成・提出に際しての留意事項について(平成24…

  3. 資産除去債務の簡便法で割引を行っている事例

  4. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  5. 定率法から定額法への減価償却方法の変更傾向はかわらずー平成27年…

  6. 消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る