menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内々定の法的性格は?
  2. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  3. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  4. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  5. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  6. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  7. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  8. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  9. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  10. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Open Table-レストランの予約サイトは日本でもはやるか?

今回はOpen Tableというレストランの予約サイトについてです。

このOpen Tableというサイトは、日本ではまだあまり知名度が高くないように思いますが、米国生まれで、なんと米国では2009年5月にナスダックに上場しています。その日本法人であるオープンテーブル株式会社のHPによると、1998?年の設立以来、OpenTable は世界中の2億人を超すオンライン予約のお客様に実際に来店してお食事をしてもらっている実績を誇るそうです。

日本では現時点で東京都内で加盟店が943店、横浜湘南エリアで37店と、東京都内はそれなりの加盟店数があります。東京以外は、まだまだこれからという感じはしますが、エリアと人数、予約したい時間で予約可能なレストランをピックアップしてくれるのは非常に便利だと思います。

特にiPhoneユーザーであれば、iPhone要にopen table JPというアプリが用意されており、現在いる場所の近くのレストランで調べたりすることが可能です。
加盟店がもっと増えないとという気はするものの、入れる店を探して右往左往したり、電話をかけまくって聞いたりしなくても済むようになるのであれば非常にありがたいサービスではないかと思います。

日本以外での加盟店数を調べてみたら、ニューヨークのマンハッタンで1302店、ハワイのオアフで77店となっていました。日本もさることながら、海外旅行へ行ったときにレストランを予約するのにも便利ではないかと思います。英語で電話するのは緊張するので・・・

利用者が増えれば、加盟店も増加すると思うので、気になった方使ってみてください。

日々成長

関連記事

  1. Kindle Paperwhiteを買ってみた

  2. 尖閣諸島問題

  3. ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

  4. 「心を上手に透視する方法」とは?

  5. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  6. 伝え方が9割だとすると結果は変わっていたのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る