menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Open Table-レストランの予約サイトは日本でもはやるか?

今回はOpen Tableというレストランの予約サイトについてです。

このOpen Tableというサイトは、日本ではまだあまり知名度が高くないように思いますが、米国生まれで、なんと米国では2009年5月にナスダックに上場しています。その日本法人であるオープンテーブル株式会社のHPによると、1998?年の設立以来、OpenTable は世界中の2億人を超すオンライン予約のお客様に実際に来店してお食事をしてもらっている実績を誇るそうです。

日本では現時点で東京都内で加盟店が943店、横浜湘南エリアで37店と、東京都内はそれなりの加盟店数があります。東京以外は、まだまだこれからという感じはしますが、エリアと人数、予約したい時間で予約可能なレストランをピックアップしてくれるのは非常に便利だと思います。

特にiPhoneユーザーであれば、iPhone要にopen table JPというアプリが用意されており、現在いる場所の近くのレストランで調べたりすることが可能です。
加盟店がもっと増えないとという気はするものの、入れる店を探して右往左往したり、電話をかけまくって聞いたりしなくても済むようになるのであれば非常にありがたいサービスではないかと思います。

日本以外での加盟店数を調べてみたら、ニューヨークのマンハッタンで1302店、ハワイのオアフで77店となっていました。日本もさることながら、海外旅行へ行ったときにレストランを予約するのにも便利ではないかと思います。英語で電話するのは緊張するので・・・

利用者が増えれば、加盟店も増加すると思うので、気になった方使ってみてください。

日々成長

関連記事

  1. Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…

  2. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  3. メニコンが1日使い捨てコンタクトに参入-パッケージは斬新ですが・…

  4. 3年目に突入

  5. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

  6. メガネも通販の時代?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る