menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 仮想通貨で給与を支払うことの問題点とは?
  2. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(最終回)
  3. そういえば、四半期開示の存続はどうなった?
  4. 取締役の就任に委任契約の締結は必要か
  5. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)
  6. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  7. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  8. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  9. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  10. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

臆病な日本メディア-Financial Timesより

1週間くらい前になりますが、10月28日のFinancial Timesに”Japan’s timid media in spotlight”という記事が掲載されていました。

この記事では、話題となっているオリンパスの1件に対する日本のメディアの対応について述べられています。

今回の件の発端となったのは読者数3万人のFACTAという月刊誌で、そこで取り上げられていた記事のことをウッドフォード氏が知人から聞かれたことに端を発しているとのことです。
ちなみに、FACTAは基本的に年間購読(年間13,200円)しないと手に入りませんが、一部の書店で試験販売(1冊1300円)されているので興味のある方は、まずは一冊購入してみるのがいいと思います。

本題に戻りますが、FTの記事によると、日本の主要メディアはオリンパスの一件を慎重に扱い、ウッドフォード氏の告発をあまり目立たない箇所で報道したし、唯一一面で取り上げた日経新聞も告発から約2週間経った後、社長辞任に関する記事として書いたに過ぎないとしています。
このような日本のマスコミの慎重な態度の要因としては、広告料を失うのが怖いため、事態が明らかになるまでは経営者側の目線の記事になるというような大学教授やFACTAの編集長のコメントを紹介しています。

(出典:Financial times 10/28/2011)

日本の新聞の発行数は上記のとおり減少の一途であり、このような状況にあっては広告料を失うのを恐れて、広告をたくさん出している企業の悪口はかけないというのも納得できてしまいます。

この記事では、政治家や規制当局の発言に後押しされて日本のメディアもオリンパスの事件を積極的に取り扱うようになってきたとし、会社の会見で経営陣の説明が不十分であるとして記者がIR担当役員を怒鳴りつけ、1時間の会見を20分延長させたと書かれていました。

英語のニュアンスは自信がありませんが、普通に読んでいる限りにおいて日本のマスコミは完全に馬鹿にされているといえます。日本にも世界的に信頼されているFTのような新聞があればいいのですが・・・

ちなみに英語の勉強にもなるので以前、FTを購読しようと調べたら年間11万円位かかるので断念しましたが、Web版であれば、月39$ですむので迷っています。

日々成長

関連記事

  1. レベル7と東電株価

  2. 増税なき復興債発行の可否について(その1)

  3. SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

  4. Facebookの時価総額は$100 billion?

  5. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は減少も高水準-帝国データ調…

  6. 2013年7月の金融円滑化法利用後倒産は52件-帝国データバンク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る