menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  2. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  3. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  4. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  5. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  6. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  7. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  8. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  9. どうなるSOX?
  10. IFRS任意適用目標と実績の差は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

30日で英語耳-「リスニングパワー」という教材が売れているようです

私も全然知りませんでしたが、リスニングパワーという教材が楽天市場「英語ランキング」第1位を連続で獲得中で、売れているそうです。

この教材の特徴は、スピードラーニングのように「自然と英語が話せるようになれる」というものではなく、「30日で英語耳になれる」というリスニング力を高めることに注力している点ではないかと思います。

多くの人にとって英語を勉強する目標は、英語を話せるようになることなのではないかと思います。そして、話す力を高めるために英会話学校へ・・・、でも話せるようにならない・・・、というのが現実ではないかと思います(少なくとも私の場合。もちろんレベルは多少あがりますが・・)。

自分の子供には英語の苦労を極力軽減させてやりたいと思い、1歳になる前からDWEというディズニーの英語教材をひたすら見せ続けました。息子は約2年くらい英語を見せ続け、ようやく最近教材のフレーズや歌を真似するようになり、英語に限らず語学の習得の過程をあらためて実感しています。

ひたすら聞き続けて、聞いた言葉と状況の組み合わせを理解し、真似して口にするようになるのだと思います。大人になってからこれをやるのは相当しんどい作業ですし、それほど時間的な余裕もありません。

できれば、洋画や海外のニュース番組等の中から言い回し等を学べれば効率的だと思います。なんだかんだ言っても、目から入ってくる情報は学習スピードを大きく高めると思うからです。

そうは言っても聞き取れなければ真似できませんが、英語で使用される音域と日本語の音域は異なっており、日本語に慣れてしまった大人の耳では聞き取れない音があるそうです。
そのため「英語耳」を30日で身につけられるというのは、なかなか魅力的で、英語を話すという目標を達成する上でプラスの能力であることは間違いないのではないかと思います。

値段もそれほど高くなく12,800円で、マンツーマン英会話の2レッスン分程度の価格です。
他の聞き流し系英語教材の違いは、以下の三つとのことです。
1)有名芸能人に英語を教えている発音矯正の第一人者が開発した教材であること
2)日本語と英語の「周波数の違い」に着目して開発した教材であること
3)他の英会話教材と比べても、とても安い金額であること

やってみようかと思います。

日々成長

 

 

関連記事

  1. 英語を正しく読む

  2. 英語を正しく読みたいー英語リーディングパズル

  3. スーパーエルマー・・・結構役に立つ英語教材

  4. 「日本人の9割に英語はいらない」を読んで考える

  5. フィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました

  6. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る