menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Windows7でマルチモニタを使う-モニタが余っていれば効率的に作業が可能になります

随分前に”マルチモニタ”というエントリでWindows XPのノートPC+モニタの使用方法について書きましたが、Windows7のノートPCに買い換えたのでWindows7での使用方法について書くことにしました。

1.デスクトップ画面で右クリック

2.上記の画面の下から3番目「画面の解像度」をクリック(個人的には「個人設定」の方が分かりやすい気がしますが・・・)

3.初期設定では上記のような画面が表示されると思いますので、”複製のディスプレイ(M)”で”表示画面を拡張する”を選択

4.自分のノートPCとモニタの位置関係にあわせて、モニタの配置をドラッグして調整します。私の場合はノートPCと外部モニタを上下で使用しているため以下のようになります。

5.最後に「適用(A)」ボタンをクリックして終了です。

すると上下が別のモニタのように使用可能で、例えば外部モニタに資料を表示しながら、ノートPCの画面で文書を作成するというような使い方が可能となります。あるいは、Excelファイルを別々に表示して作業が可能になります(これは一つの画面に並べて表示してもできますが、通常非常に見にくく正直あまり効率的ではないのではないかと思います)。

担当している業務内容によると思いますが、一度慣れてしまうと外部モニタがないと非常に不便に感じるようになります。

日々成長。

関連記事

  1. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

  2. シャーペンの0.9mm赤替え芯を発見

  3. iPadのスクリーンコピー

  4. Wordの不思議(その1)-広すぎる行間が縮まらないのは何故?

  5. Acronis True Image Home 2010(バック…

  6. FastStone Capture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る