menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識会計基準適用を考慮したと思われる会計方針の変更事例
  2. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  3. 未払残業代の税務処理
  4. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  5. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  6. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  7. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  8. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  9. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  10. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業所得の損失と給与所得は損益通算できる?

先日友人との会話の中で、事業所得の損失と給与所得について以下のような話がでました。

その友人曰く、会社に勤務して給与所得を得ていながら、個人事業主として自宅の家賃等を経費にして事業所得の損失を計上し、給与所得と事業所得を損益通算し所得税の還付を受けている知人の専門家がいるということでした。

私は”富士山頂(不事山譲-不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得)”の四つの所得間のみで損益通算可能と記憶していたので、そんなことができるのかと改めて確認することにしました。

その結果、損益通算の対象となる所得は不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得の四つですが、この四つの所得間に限られず、事業所得と給与所得は損益通算することが可能ということがわかりました。

国税庁のタックスアンサーでは、「損益通算とは、各種所得金額の計算上生じた損失のうち一定のものについてのみ、一定の順序にしたがって、総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額等を計算する際に他の各種所得の金額から控除すること」と説明されています。

事業所得が損失の場合、損益通算の順序としては以下の順序で行われます。

経常所得(①) → 総合譲渡所得(②) → 一時所得(③) → 山林所得 →退職所得

①事業所得や不動産所得、利子所得、配当所得、給与所得、雑所得を意味します。

②ゴルフ会員権の譲渡などの所得です。

③50万円の特別控除後で1/2適用前の金額

いままで明らかに誤った理解をしていたので、実害はありませんが、改めて勉強になった一件でした。

なお、サラリーマンでありながら個人事業主として開業できる専門家の方であっても、無理やり事業所得の損失を計上して所得税の還付を受けるというのはおすすめできません

ものすごく多額の所得を得ているわけでなければ個人事業主に税務調査は来ないだろうと考えて上記のような申告を行っているものと考えられますが、仮に税務調査に来たら終わりです。
もちろん、事業としての実態があっての損失であれば損益通算すべきですが、主たる所得を給与所得で得ていながらほとんど実体のない事業所得で大きく損失を計上して所得税の還付をうけるというのは合理的な説明が困難です。

仮に税務調査の対象となった場合のリスクを考えると割に合わないような気がします。

日々成長

関連記事

  1. 平成23年税制改正大綱-その6

  2. 平成24年税制大綱-法人税

  3. 法人税個別通達を踏まえたリバースチャージ方式の仕訳方法

  4. 白色申告であっても現金主義は認められない?

  5. 消費税(その4)-個別対応方式の用途区分2

  6. 所得拡大促進税制の確認(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る