menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. そういえば、四半期開示の存続はどうなった?
  2. 取締役の就任に委任契約の締結は必要か
  3. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)
  4. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  5. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  6. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  7. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  8. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  9. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  10. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

社外取締役を義務化って本当に意味あるのでしょうか?

オリンパスや大王製紙の事件を受けて民主党がワーキングチームを設置し、会社法を改正して上場企業に社外取締役の設置を義務付けるなどの再発防止策を検討するという記事を2週間くらい前に見ましたが、26日の新聞報道では”社外取締役 義務化へ”と報じられていました。

社外取締役とは会社法2条15号において「株式会社の取締役であって、当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役(株式会社の第三百六十三条第一項各号に掲げる取締役及び当該株式会社の業務を執行したその他の取締役をいう。以下同じ。)若しくは執行役又は支配人その他の使用人でなく、かつ、過去に当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったことがないものをいう」とされています。

いわゆる生え抜きの取締役ではなく、代表取締役の業務の執行を監督する立場にある取締役の機能を存分に発揮できるような社外取締役を義務化すればオリンパスや大王製紙のような事件は防止できるという理屈なのだと思いますが、正直あまり効果はないように思います。

実際オリンパスでは社外取締役は3名いましたし、今回問題を大きく取り上げるきっかけとなったウッドフォード氏は海外子会社からのたたき上げのようですので、会社法上の社外取締役には該当しません。

理屈としては、社外取締役の方が変なしがらみがなく、本来の監督機能が発揮されると考えられるものの、候補者の選出なども監督される側の代表取締役の意向が働くようであると実質的にはあまり意味はないのではないかと思います。
個人的には、監査役という機関が元々あるのですから、監査役の機能を強化すべきではないかと思います。

日々成長。


関連記事

  1. 復興財源確保法と平成23年度税制改正を修正した法人税法が公布され…

  2. 自己株式の会計処理(その1)

  3. 敷金を現物出資することはできるのか?

  4. 「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」の公開草案

  5. IFRSにおける定率法の採用-HOYAと住友商事

  6. 平成24年3月期遡及修正の開示例ーその他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る