menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を読んで

今回は「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」という書籍についてです。

何かで紹介されていたか、本をまとめ買いした時にたまたま目についたからなのか今となっては不明ですが、とりあえず家にあったので読んでみました。

ジャンルは異なりますが「もしドラ」的というのが率直な感想です(もっとも実際には「もしドラ」の方があとですが・・・)。全体的なストーリーとしては、非常に風通しが悪く硬直的な組織風土を有する食品メーカを、コンサルタントが12週間の職場変革プログラムを通じて改革し、最終的に組織風土が変革し始めるという感じのものです。

若干表現が行き過ぎている感もありますが、そのため小説的で非常に読みやすい内容となっています。一方で、「職場がガラリと変わる12週間プログラム」の内容については、どちらかといえば項目の列挙で、あまり詳しくは書かれていません。そのため、この書籍を参考に、自社でプログラムを行いたいというような方には期待はずれの内容と感じられるかも知れません(結局自分のコンサルの宣伝のように感じられる部分も否定できません。)。

ただ、会議室で着席する位置から日頃の人間関係が推測できるというような、言われてみればそうかもしれないという参考になる点もあるので、時間があれば読んでみてもよい本だと思います。

最初に「もしドラ的」と書きましたが、こちらもジャンルが経営と異なるものの「ザ・ゴール」(エリヤフ・ゴールドラット著)的といったほうが妥当かもしれません。

日々成長。

 


 

関連記事

  1. 「督促OL修行日記」・・・督促って大変なんですね

  2. 10月1日から施行される年金一元化で何がかわるか

  3. 数ヶ月間のリハビリ出勤期間を無給とすることは可能か?

  4. 毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方…

  5. 「過労死等防止対策白書」-こんな白書があったんだ

  6. 学習塾の泥仕合・・・進学会VS栄光ホールディングス(2012年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る