menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「平成24年以降の公認会計士試験合格者数のあり方について」-金融庁発表

2012年1月5日付で金融庁から「平成24年以降の公認会計士試験合格者数のあり方について」という文書が発表されました。

非常に短い内容ですが、金融庁の考えとして以下の内容となっています。

(金融庁HPより)

要は、来年の試験の合格者は減らせという内容です。会計士業界に身をおいていると、この計画性がない感じに慣れてしまっていますが、普通の感覚でいえばいいかげん学習しろよ!という感じではないかと思います。
ここまで書くのであれば「来年の合格者数はXXX人」とすべきぐらいに明確な基準を明示すべきではないかと思います。

試験制度を改革し合格しやすい方向に変更してきたにもかかわらず、この期に及んで合格者数を絞るというのはかなり矛盾した対応です。そもそも合格者数を増やせば一般企業に合格者が就職していくと想定していたように思うのですが、それは大きな間違いです。
そもそも一般企業の採用において、会計士試験に合格しているということが採用の決め手になることはほとんどないように感じますが、試験制度を考えている方々は会計士試験に受かれば一般事業会社で合格者の採用が増えると考えているとしか思えません。

就職先を増やしたいのであれば、これからの会計士試験にIFRSを必須にして、会計基準としてIFRSの採用を強行すれば一時的にまたブームがやってくるのではないでしょうか。その際に、調子に乗って合格者数を増やさないということを忘れなければ、ある程度の消化が見込まれます。

日々成長

 

 

関連記事

  1. 「第二会社方式」とは?(その1)

  2. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

  3. 消費税(その3)-個別対応方式の用途区分1

  4. 決算日の変更と過年度遡及修正会計基準の関係

  5. 保守サービスの売上を一括計上から期間按分への変更した事例

  6. 今さらですが金商法193条の3って何だろう・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る