menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識会計基準適用を考慮したと思われる会計方針の変更事例
  2. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  3. 未払残業代の税務処理
  4. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  5. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  6. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  7. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  8. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  9. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  10. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

スケジューリングの可否と繰延税金負債の関係

スケジューリング不能な将来減算一時差異に対しては原則として繰延税金資産を計上することができません(「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」(監査委員会報告第66号))。

これは、スケジューリング不能であると繰延税金資産の回収可能性を判定することができないためです。

ただし、期末において損金算入時期が明確でない将来減算一時差異についても、貸倒引当金等のようにその計上に合理性があるが個別案件ごとに損金算入時期を特定することが困難な場合は、過去の損金算入実績に将来の合理的な予測を加味した方法等により、合理的なスケジューリングが行われている限り「スケジューリング不能な一時差異」とは扱わないこととされています。

スケジューリング不能な一時差異として繰延税金資産の計上ができないものの典型例としては使用している土地の減損損失や有価証券の減損損失などが挙げられます。
なお、原則として 繰延税金資産を計上できないとしたのは、いわゆる会社区分1の会社については「スケジューリングが不能な将来減算一時差異についても、将来スケジューリングが可能となった時点で課税所得が発生する蓋然性が高いため、当該将来減算一時差異に係る繰延税金資産については回収可能性があると判断できるものとする」とされているためです。

繰延税金資産の計上におけるスケジューリング不能な一時差異の取扱いのイメージが強いため、スケジューリング不能な繰延税金負債が生じるとスケジューリング不能なので繰延税金負債の計上は不要と勘違いしてしまうことがあるようです。

この点、税効果の実務指針(個別)の第16項では、「一時差異等に係る税金の額は、将来の会計期間において回収又は支払が見込まれない税金の額を控除し、繰延税金資産又は繰延税金負債として計上しなければならない」とされているので、繰延税金負債についても支払が見込まれない場合以外は計上が必要となります。

したがって、スケジューリング不能=支払いが見込まれない、と考えれば計上が不要(できない)といえそうですが、第24項で「第16項の支払が見込まれない場合とは、事業休止等により、会社が清算するまでに明らかに将来加算一時差異を上回る損失が発生し、課税所得が発生しないことが合理的に見込まれる場合に限られる。」とされていますので、スケジューリング不能であることをもって繰延税金負債を計上しなくてよいということにはなりません。

スケジューリング不能な将来加算一時差異について繰延税金負債を計上しなくてもよい状況は、上記のようにかなり限定的ですので、繰延税金負債は計上が原則となります。

日々成長。

関連記事

  1. IASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る…

  2. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  3. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  4. 税務上の繰延資産の償却費の表示科目は?

  5. 監査法人のローテーション議論が再燃

  6. 事業譲渡と会社分割の違いは?

コメント

    • 2012年 12月 28日

    よろしくお願いします。スケジューリングと繰延税金負債とは関係ないかもしれませんけど、下記の仕訳の繰延税金負債についてですが、なぜ資本剰余金に関係してくるのでしょうか。有価証券の評価差益であれば、将来手放すかもしれませんから

    仕訳はIFRSですが、
    現金/
    転換社債
    資本剰余金
    繰延税金負債

      • MAK
      • 2013年 1月 03日

      梟 様

      上記の仕訳の繰延税金負債ですが、会計と税務の負債計上額に差があることによって計上されているものと考えられます。

      IFRS上は、転換社債を構成要素に着目して負債と資本に区分処理されることになるため、税務上の負債の額が会計上の負債計上額を上回ることになります。

      IFRS上も税効果は資産・負債法によっているため、負債の計上差額が一時差異に該当し、繰延税金負債を計上しているということではないかと思います。

      IFRS上の負債計上額と額面との差額は毎期金利の調整として費用計上(負債増額)されていきますが、税務上は損金算入できないため将来加算一時差異として繰延税金負債を計上すると考えればよいのではないかと思います。

    • 2012年 12月 31日

    どうもありがとうございます。これはIFRS特有のものでしょうか。日本基準であれば、繰延法であるから繰延税金負債という勘定はでてこないのでしょうか。

      • MAK
      • 2013年 1月 03日

      日本基準も税効果は資産負債法により処理されるので、この点についてはIFRSとの差はないと思います。

      異なっているのは、転換社債の会計処理法として、日本基準では一括法(新株予約権部分を区分処理しない方法)を採用することが認めれられているという点だと思います。一括法を採用した場合、ごく単純化すると日本基準上では現金預金/社債という仕訳が切られるため、会計と税務の負債計上額に差は生じないため繰延税金も登場しないということになるということだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る