menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社法計算書類の経団連ひな形の改正

2012年1月11日付で経団連から「会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類ひな型(改訂版)」が公表されました。

主な変更点は「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」への対応が図られた点ですが、新旧対照表からポイントとなりそうな事項を抜き出していきます。。

1.単体計算書類

(1)PLの記載例から前期損益修正損益の例示が削除されています。
(経団連ひな形 新旧対照表より)

(2)遡及修正を行った場合の株主資本等変動計算書における記載例が追加されています。

(経団連ひな形 新旧対照表より)

(3)個別注記表の開示要否一覧に遡及修正等の項目が追加されています。

なお※3として「会計監査人設置会社以外の株式会社にあっては、会社計算規則第102条の2第1項第4号ロおよびハに掲げる事項を省略することができる」とされています。

会社計算規則第102条の2第1項第4号ではイ~ハで以下のように定めれられています。

計算書類又は連結計算書類の主な項目に対する影響額
当該事業年度より前の事業年度の全部又は一部についてそ及適用をしなかった理由並びに当該会計方針の変更の適用方法及び適用開始時期
当該会計方針の変更が当該事業年度の翌事業年度以降の財産又は損益に影響を及ぼす可能性がある場合であって、当該影響に関する事項を注記することが適切であるときは、当該事項
したがって、会計監査人設置会社以外の株式会社の場合は「主な項目に対する影響額」のみ開示すればよいということになります。

(4)会計方針の変更に関して、見出しが従来は「重要な会計方針の変更」であったのが、「会計方針の変更に関する注記」に変更されています。

また、記載例が以下のように変更されています。

従来は、利益に与える影響が記載されていましたが、期首時点での修正が必要となるので上記のような表現になっています。

(5)従来「重要な会計方針の変更」の中に含まれていた表示方法の変更が、「表示方法の変更に関する注記」という独立した項目となっている。

また、「会計上の見積の変更に関する注記」という項目が追加されている。

(6)1株あたり情報に関する注記として事業年度末日後に株式併合や株式分割がなされた場合に、「当事業年度の期首に株式の併合または株式の分割をしたと仮定して、1株当たりの純資産額および1株当たりの当期純利益金額または当期純損失金額を算定したときは、その旨を記載する」という旨が記載上の注意として追加されている。

また、以下の記載例が追加されています。

2.連結計算書類

(1)連結BSの記載上の注意として『企業会計基準第25号「包括利益の表示に関する会計基準」が適用される会社については、「その他の包括利益累計額」として区分することが義務付けられることとなる』旨が追加されている。

(2)連結PLから前期損益修正損益が例示から削除されている。

(3)連結株主資本等変動計算書において遡及修正をおこなった場合の記載例が示されている。

(4)連結計算書類の作成のための基本となる重要な事項に関する注記等で記載すべきとされていた「連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項?」が削除される一方で、「連結の範囲または持分法の適用の範囲を変更した場合(当該変更が重要性の乏しいものである場合を除く。)には、その旨および当該変更の理由を注記する」という点が追加された。

(5)会計方針の変更、表示方法の変更、会計上の見積の変更、1株あたり情報については単体と同様。

概ねポイントは以上のとおりだと思います。

日々成長。

 

関連記事

  1. 損害賠償によりGC注記-KIホールディングス

  2. 満期保有目的の債券の減損と償却原価法

  3. 2017年3月末から決算短信・四半期決算短信の様式が自由になるそ…

  4. 社外取締役を置くことが相当でない理由-3月決算事例

  5. 年金資産の期待運用収益率を見直す基準は?

  6. 元子会社の粉飾で親会社が損害賠償責任を負うこととされた事例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る