menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証一部で独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合が9割超に
  2. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  3. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  4. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  5. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  6. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  7. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  8. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  9. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  10. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本でいちばん大切にしたい会社3

坂本光司氏の「日本でいちばん大切にしたい会社3」を読みました。シリーズ三作目ですが、今回は以下の7社が紹介されていました。

①徳武産業株式会社(香川県さぬき市)⇒靴メーカー

②中央タクシー株式会社(長野県長野市)

③株式会社日本レーザー(東京都新宿区)

④株式会社ラグーナ出版(鹿児島県鹿児島市)

⑤株式会社大谷(新潟県新潟市)⇒はんこ屋

⑥島根電工株式会社(島根県松江市)

⑦株式会社清月記(宮城県仙台市)⇒葬儀社

いずれの会社も印象的なエピソードが紹介されていますが、個人的には⑦の株式会社清月記が一番印象に残りました。
株式会社清月記は、東北・北海道地区を含めて最大の葬儀社ということで、昨年の東日本大震災の影響を大きく受けた会社です。東日本大震災に対応した社員の方々の対応や、家を流されてしまった家族のためにミニ仏壇1500基を無償で提供した話など、自らも被災していながら葬儀社としてできることをやるという姿勢がすばらしいと思いました。

株式会社清月記では、自社の会館で行われる葬儀に限るもののインターネットに訃報を載せるサービスを行っており、そこから弔電(無料)や供物、供花、香典の手配も行うことができるそうです。
香典については、1000円の手数料を払えば日本全国から届けることができるということで、これはあったらいいなと感じる方が多いサービスではないかと思います。

さらに、葬儀や通夜の様子をライブでインターネットで流しているそうです。これについては否定的な方もいるかもしれませんが、実際に行くのが一番だとしても仕事をしているとどうしても行くことができないというようなこともあり得ます。
特にお世話になった方の葬儀などは、自己満足かもしれませんが、インターネット経由であっても様子をみることができるのはありがたいサービスではないかと思います。

このシリーズで、紹介される大企業がでてくるのはいつの日になるのでしょうか。

日々成長

関連記事

  1. 高年齢者雇用安定化法の改正-継続雇用制度の対象者を限定できなくな…

  2. 新人歓迎会での余興命令はパワハラになる可能性があるので要注意

  3. 労働者派遣法の改正に伴う派遣制限期間の見直し(その1)

  4. 仮想通貨で給与を支払うことの問題点とは?

  5. 9ドット-アイスブレーク

  6. 雇用契約と業務委託契約(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る