menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京三菱UFJ銀行の国債保有残高-企業や個人への貸付残高を上回る

インターネットでFinaicial Timesを見ていたら、1月11日に”Japanese debt appeals to foreigner”という記事が掲載されていました。

同記事には、日本国債の外国人の保有率が8.2%と急激に増加しており、過去最高を記録した2008年第3四半期の8.5%と遜色ない水準になっていると書かれていました。もっとも、外国人保有者の大部分は短期債の保有者とのことで、世界的に市場が落ち着きを取り戻せば、容易に反転しうるとも書かれていました。

さらにさかのぼって、昨年12月23日のFinaicial Timesに、”Ties between sovereigns and banks set to deepen“という記事が掲載されていました。

この記事の最初に、数週間前、東京三菱UFJ銀行の一部の幹部が、バランスシート上に抱える日本国債の保有残高が、企業や個人への貸出残高を初めて上回ったという興味深い事実に気づいたということが書かれています。
そして、三菱東京UFJ銀行のような銀行は、超低利回りであるにもかかわらず、民間ではなく政府に対する貸し出しが最も大きな割合を占めているとされています。

同記事によれば、このような状況が2012年のテーマだそうです。過去40年の間、銀行や資産運用会社の役割は、国家の貯金箱としての機能を果たすことではなく、民間に資金を供給することだと広く信じられてきたが、それが崩れつつあり、これは日本に限ったことではないとされています。
すなわち、フランス、スペイン、アイルランド、米国、英国でも同様に銀行や資産有用会社に国債の購入を求める圧力が増しているそうです。

そして同記事では、投資家が問うべき本当に大きな問題は、このようなトレンドが密かに疑似的な金融抑圧という大きなプロセスに向かっているのではないかということだとしています。

疑似的な金融抑圧というのは、国債の利回りがインフレ率を少し下回る水準に抑圧される状況を作り出し、資産運用会社と銀行が国債を買い続ければ、投資家が政府に対して見えない補助金を供給していることになり、政府が債務を削減することが可能になるということのようです。

このような抑圧をあからさまに求めることは想像しにくいとしつつも、密かな補助金 であるため政治的動機からすれば使いたくなるとしています。つまり、多くの国民が理解できないところでなんとかしたいという動機が働くという意味です。
増税すれば明らかに反感を買いますし、極端なインフレを起こして国債を紙屑にしても信用を無くするので、微妙に気づかれずに国民に負担を迫ることができるということでしょう。

少なくとも?国債の利回りがインフレ率を少し下回る水準にしなければならないわけですから、デフレデフレと言われているうちは国の債務残高は減りそうにありません。

日々成長

関連記事

  1. 「大停滞」-タイラーコーエン著

  2. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

  3. 2013年9月の金融円滑化法利用後倒産が過去最高を記録-帝国デー…

  4. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  5. 新成人

  6. CAGR(売上高成長率)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る