menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  2. 2017年IPOは96社(続編)
  3. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  4. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  5. 偽造印紙が発見されたそうです
  6. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  7. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  8. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  9. 2017年監査での課徴金トップ5など
  10. 平成30年度税制改正による返品調整引当金の廃止等
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

物上保証を行っている場合のBS注記事例

あまり見かけることはありませんが、会社が物上保証を行っていることがあります。

物上保証は「第三者担保」ともいわれ、他人の債務を担保するために自己の財産に担保権を設定することをいいます。例えば、他社の借入金について、その貸主である銀行に対して自社の不動産に抵当権を設定するようなケースです。

通常の債務保証との違いは、物上保証人は提供した担保の限度で責任を負うに過ぎないという点です。つまり、担保として差し出した財産は抵当権等が実行されてとられてしまいますが、さらに追加で不足分を負担する義務は負いません。

では、物上保証を行っている場合に、担保提供資産のBS注記はどのように記載されるのかについて事例を調べてみました。件数としては、やはりそれほど多くはありませんでしたが、その中から3事例を紹介します。

①コナカ(平成22年9月期)

②エス・バイ・エル(平成22年3月期)

③ゲオホールディング(平成22年3月期)

物上保証を行っていても単に担保提供資産に含めて開示しているケースも考えられなくはありませんが、上記のような事例の開示が無難ではないかと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 特定目的会社に関する連結範囲の変更ー不動産開発会社への影響は大き…

  2. 平成23年4月1日以降に適用される四半期連結財規等の改正内容の確…

  3. Ernst & Youngの略称がEYに。しかし・・・…

  4. ニューヨーク証券取引所の上場を取りやめても米国基準を適用

  5. JT(日本たばこ産業)の「のれん」残高はすごい

  6. 連結納税の税効果(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る