menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の実務対応報告が公表されました
  2. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  3. 2017年IPOは96社(続編)
  4. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  5. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  6. 偽造印紙が発見されたそうです
  7. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  8. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  9. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  10. 2017年監査での課徴金トップ5など
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クレジットカード最強の2枚

「本気のクレジットカード選び2012-最強の2枚はこれだ!」という雑誌を本屋で見かけて購入しました。

あらためで様々なクレジットカードがあるもんだと感心してしまいした。

最強の2枚という括りでは、「国内出張が多いビジネスマンに」、「海外出張を強力にサポート」、「カーライフの充実のために」というような括りで選んだクレジットカードが2枚紹介されていますが、残念ならがらマイルを貯めるならこの2枚という項目は存在しませんでした。

「海外出張を強力にサポート」が比較的近い括りですが、そこでは、

①JALカードCLUB-A TOP&ClubQ+アメリカン・エクスプレスカード

②ANAアメリカンエクスプレスカード+JCB EIT

が紹介されていました。

どちらもアメックスが入っているのは手荷物の無料配送や格安料金による送迎などトラベルサービスが充実しているためのようです。

私はANAマイラーなので、結論としてはANAのクレジットカードを上回るものはないようです。ANAのクレジットカードは、VISA、Master、JCB、ダイナース、アメックスがそろっています。
また、一般カードとゴールドカード(ダイナースは、一般カードとプレミアムカード)があります。

日本および海外での利用のしやすさ、マイルの換算率と移行手数料、旅行保険の内容を勘案すると個人的にはANA VISAゴールドカードが一番よいような気がします。
年間費は14700円と若干高めですが、一般カードの場合はマイルを移管するための手数料を6300円(VISAの場合)支払わなければならないので、それを考えるとゴールドカードの方がお得感があります。(なお、1000円5マイル換算での移行であれば無料で行うことができます)。

アメックスにも興味はありますが、アメックスゴールドの場合は年間費が32550円と高くなっており、この年間費に見合ったサービスをうける機会があるのかが微妙なところです。
ダイナースカードは年会費が21000円とアメックスに比べると若干安いものの、使用できる場所を考えるとメインカードとするには気がひけます。

さらに、ANAプレミアムカードとしてJCBとダイナースが用意されていますが、JCBで年間費が73500円、ダイナースが126000円で、この年会費を払えるのであればクレジットカードでマイルを貯めようなどということは考えなくてもすむでしょうから、検討対象には入りません。

結論としては、メインカードとしてマイルをためるならANA VISAゴールドカードだと思いますが、海外旅行といえばハワイという人であればANA JCBゴールドカードでもよいかもしれません。VISAもあった方が便利だと思いますが、無料のVISAカードはいくらでもありますので、ANA JCBゴールドカードをメインとするという選択肢もありだと思います。

日々成長

関連記事

  1. 「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

  2. 2012年中国経済は減速する?

  3. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?

  4. グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

  5. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

  6. 2013年9月の金融円滑化法利用後倒産が過去最高を記録-帝国デー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る