menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年度税制改正(その6)-スクイーズアウトに関する組織再編税制等…
  2. リストリクテッド・ストックは業績連動給与に該当するのしないの?
  3. 過年度損失の当期損金性と公正処理基準の関係
  4. 公認会計士・監査審査会が監査アリアに対する行政処分を金融庁に要請
  5. 平成29年度税制改正(その6)-中小企業者等向け設備投資促進税制の拡充…
  6. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加
  7. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効
  8. 富士フイルムの不適切会計-処分が厳しいなと感じたけれど納得の第三者委員…
  9. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加
  10. 議決権行使結果の個別開示を要請-改訂版スチュワードシップ・コード
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社区分が①から②に落ちたら・・・-繰延税金資産の回収可能性

従来、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」における会社区分が①であった会社の利益水準が落ち込むと、当然のことですが会社区分が②になってしまうこともあります。

①の会社は「期末における将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を毎期(当期及びおおむね過去3年以上)計上している会社等」とされていますので、一度②に落ちてしまうと、仮に翌年度末に将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を計上していたとしても①の会社にすぐに戻れるわけではありません。

利益あるいは課税所得が下落した要因が、特殊なものであった場合でも、期末における将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を3年継続しないと①の会社には戻れないのかが気になりますが、委員会報告に「毎期(当期及びおおむね過去3年以上)」と書いてある以上、その期間は②の会社ということになると考えれます。

会社区分が①から②になって大きく変わるのは、スケジューリング不能な一時差異に対する繰延税金資産を②の会社では計上できなくなる点です。
例えば、非上場株式の評価損に対して繰延税金資産を計上していた場合、②の会社になると多くの場合スケジューリング不能として繰延税金資産を計上できなくなります。

感覚的には、①の会社だからといって、スケジューリング不能な一時差異の金額が小さいわけではなく、むしろ長期にわたって塩漬けになっている有価証券やゴルフ会員権の評価損などがあるケースの方が多いように思います。

会社区分が③から④に落ちた時もインパクトは大きいですが、④は業績も相当悪化しているので会計に詳しくない方にも繰延税金資産の取り崩さなければならないというのを理解してもらいやすいですが、①から②の場合は、利益の水準が従来よりも下がっているものの、それなりに利益を計上しているので繰延税金資産を取り崩さなければならないというのを納得してもらいにくいように感じます。

最後に、有価証券評価差額(損)対して繰延税金資産を計上する場合は、監査委員会報告70号によって②の会社であっても回収可能性があるものとして繰延税金資産を計上してよいこととされています。

関連記事

  1. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その1)

  2. 適切な監査時間と監査報酬ってどれくらい?

  3. 「平成23年12月改正 法人の減価償却の改正に関するQ&A」が国…

  4. 保守サービスの売上を一括計上から期間按分への変更した事例

  5. 200%定率法が会計に与える影響

  6. 外国上場株式の減損の損金算入要件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る