menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識会計基準適用を考慮したと思われる会計方針の変更事例
  2. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  3. 未払残業代の税務処理
  4. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  5. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  6. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  7. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  8. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  9. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  10. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社区分が①から②に落ちたら・・・-繰延税金資産の回収可能性

従来、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」における会社区分が①であった会社の利益水準が落ち込むと、当然のことですが会社区分が②になってしまうこともあります。

①の会社は「期末における将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を毎期(当期及びおおむね過去3年以上)計上している会社等」とされていますので、一度②に落ちてしまうと、仮に翌年度末に将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を計上していたとしても①の会社にすぐに戻れるわけではありません。

利益あるいは課税所得が下落した要因が、特殊なものであった場合でも、期末における将来減算一時差異を十分に上回る課税所得を3年継続しないと①の会社には戻れないのかが気になりますが、委員会報告に「毎期(当期及びおおむね過去3年以上)」と書いてある以上、その期間は②の会社ということになると考えれます。

会社区分が①から②になって大きく変わるのは、スケジューリング不能な一時差異に対する繰延税金資産を②の会社では計上できなくなる点です。
例えば、非上場株式の評価損に対して繰延税金資産を計上していた場合、②の会社になると多くの場合スケジューリング不能として繰延税金資産を計上できなくなります。

感覚的には、①の会社だからといって、スケジューリング不能な一時差異の金額が小さいわけではなく、むしろ長期にわたって塩漬けになっている有価証券やゴルフ会員権の評価損などがあるケースの方が多いように思います。

会社区分が③から④に落ちた時もインパクトは大きいですが、④は業績も相当悪化しているので会計に詳しくない方にも繰延税金資産の取り崩さなければならないというのを理解してもらいやすいですが、①から②の場合は、利益の水準が従来よりも下がっているものの、それなりに利益を計上しているので繰延税金資産を取り崩さなければならないというのを納得してもらいにくいように感じます。

最後に、有価証券評価差額(損)対して繰延税金資産を計上する場合は、監査委員会報告70号によって②の会社であっても回収可能性があるものとして繰延税金資産を計上してよいこととされています。

関連記事

  1. IFRSによる有価証券報告書ー住友商事

  2. 工事損失引当金と低価法の関係

  3. 為替予約の振当処理(その2)

  4. 広がる自主的な上場廃止

  5. 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

  6. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る