menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も
  2. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)
  3. 単位の誤りや日付誤り-有報提出前にもう一度チェックしましょう。
  4. 監査報酬は引き続き増加傾向
  5. メルカリの仕入税額控除否認のロジックとは?
  6. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に
  7. 平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日
  8. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期
  9. 有価証券等の譲渡に係る内外判定の改正(消費税)ー平成30年度改正
  10. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有給休暇の買取は違法か?

「有給休暇の買取は違法」だからできないという話をたまに聞ききます。会社に届け出ている通勤経路以外で通勤していて事故にあっても労災は認められないという話と同じくらいの頻度のような感じがします。

結論からすれば「有給休暇の買取は違法」というのは、必ずしも正しくはありません。

随分古い通達ですが昭和30年11月30日基収4718号では、以下のように述べられています。
「年次有給休暇の買上げの予約をし、これに基づいて法第39条の規定により請求し得る年次有給休暇の日数を減じないし請求された日数を与えないことは、法第39条の違反である。」

つまり、あらかじめ有給休暇の買取を行うのは違法だということです。これは、有給休暇は、労働者の権利として労働から解放されることを保障するということを趣旨とし、あらかじめ有給休暇を買取ってしまうことが可能であると労働者の権利が守れないためです。

では、未消化のまま時効によって消滅してしまう有給休暇を買い取ることは認められるのかですが、これは会社が買い取っても違法ではないと解されています。
そもそも権利自体が時効で消滅してしまうわけですし、労働者にとっても、なくなってしまう有給休暇を買い取ってもらえるのはありがたいはずで特に弊害はないと考えられるためです。
もっとも、最終的に買い取ってもらえるからといって、有給休暇を取得しにくいようにするというようなことがあってはなりません。

このほか、退職時に残っている有給休暇を買い取ることも違法ではないと解されています。有給休暇を消化しきった日を退職日とするというような退職日の調整を行うこともありますが、どうせ退職するのであれば、従業員である期間に何かあっても困りますし、社会保険料の負担も多少変わってくる可能性があるので有給休暇を買い取るという方法も考えてみる価値はあります。

このような有給休暇の買取が認められるケースでは、そもそもなくなってしまう有給休暇を買い取ることになるので、労働基準法の定めに縛られず決定することができます。
そのため、仮に有給休暇の買取を行うのであれば、買取を行う場合とその時の買取価格について就業規則で定めておいたほうがよいと考えられます。

ゴールデンウィークとかシルバーウィークとか大型連休が増えても、混んでいるうえ高くてどこにも行けないというくらいなら、そんな連休はなくてよいので、大型連休見合いで年1回2週間連続で休暇を与えなければならないというような制度にしてくれたほうが、国民全体の効用は高まるのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断

  2. 適格退職年金の税制優遇措置は平成24年3月末までですが・・・

  3. ブラック企業の集中取締がはじまるそうです-厚労省発表

  4. FORTUNEが選ぶ働くのにベストな会社トップ100

  5. 平成27度の労働保険の年度更新-改正点は?

  6. 基本手当日額の上限額引き上げ-平成23年8月1日より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る