menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  2. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  3. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  5. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  6. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  7. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
  8. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?
  9. 平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になって…
  10. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外で預金を引き出せる”Money T”はお得か?

JTBが「海外送金もできる新スタイルの海外専用キャッシュカード」であるMoney Tというサービスを提供しています。

空港でいちいち両替しなくても、現地のATMで現地通貨を引き出せるのは便利ですが、お得なのかが気になります。

まず、一番気になる為替レートですが、「1米ドルあたり4円 Master Card Internationalが定める日々のレートに加算されます」ということなので、1ドル80円とすると5%相当の手数料となって、決して安くはありません。

Travelexの本日のレートを見てみたら、日本円⇒米ドルで82.73円となっているので、海外に長期滞在するため現金が必要というのでなければ、あまりメリットはないように思います。

その他、入会金が2100円、年間費が1050円、引き出し手数料が1回200円かかり、さらにサービス利用料が2%(上限2000円)がかかるということですので、ここまでくると正直あまり利用する人はいないのではないかと思えてきます。

旅行や短期の海外出張を前提とするのであれば、Travelexなどである程度両替しておき、現地ではクレジットカード主体で支払うというのが、一番得なのではないかと思います。

クレジットカードでいえば、ソニー銀行が発行している二通貨クレジットカードは面白い商品だと思います。ソニー銀行は円からドルへの手数料が25銭で済むので、米ドルで預金しておき現地ではこのカード支払うというのがいいように思います。
ただ、このクレジットカードも年会費が5250円かかりますので、海外で使用するためだけに利用するのであれば、相当な金額を利用しないと割にあいません。
VISAカードなので、通常利用するカードとすることもできますが、航空会社のマイレージを貯めたい私にとっては手が出せません。

逆に言うとANAかJALのマイルが貯められるのであれば、通常使用するカードとなりうるように思います。

日々成長

関連記事

  1. 今日はお休みします・・・

  2. 気になるクレジットカード-YAMADA LABI ANAマイレー…

  3. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

  4. 自分と似た思考の持ち主っているんですね-同じタイトルでエントリが…

  5. 企業財務会計士なくなる!

  6. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る