menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 上場間もない会社が臨時株主総会で監査等委員会設置会社に移行する総会議案…
  2. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  3. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  4. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  5. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  6. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  7. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  8. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  9. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  10. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

FORTUNEが選ぶ働くのにベストな会社トップ100

2012年2月6日号のFORTUNEに”THE100 BEST COMPANIES TO WORK FOR”という記事が掲載されていました。

FORTUNEが選ぶアメリカ版就職したい企業ランキングといったところでしょうか。

100社書いていくのはしんどいので、とりあえずTOP10はだけ書いておくと以下のようになっていました。

1位 グーグル

2位 ボストンコンサルティンググループ

3位 SASインスティチュート

4位 WEGMANS FOOD MAEKETS

5位 EDWARD JONES

6位 NETAPP

7位 CAMDEN PROPERTY TRUST

8位 RECREATIONAL EQUIPMENT

9位 CHG HEALTHCARE SERVIECES

10位 QUICKEN LOANS

1位はグーグルというのはなんとなくわかります。会社の勢いもありますし、この記事でも紹介されていましたが、会社内にジムが充実していたり食事が無料だったり、もちろん仕事もやりがいがあるというわけで、入社する能力がある人にとってはいい会社に違いないと思います。

11位以降をみていくと、11位にザッポスがランクインしていました。ちなみに昨年は6位だったようで、アマゾンに買収されて2年目ということと何か関係があるのかについては特に触れられていませんでした。

27位にセールスフォース.COMがランクインしていました。セールスフォースについては、同記事で特集が組まれており1位のグーグルよりも多くのページが割かれていました。全従業員の53%しか報酬として株式を受け取る権利がないというものの、イギリスの従業員がホジキンリンパ腫に対する新薬に自分の保険がきかないことがわかったところ、会社は54000ドルする薬を購入し、CEOのBenioff氏はこの従業員にUCSFでの治療のほうが良ければ、居住費も治療費も面倒をみる旨のメールを送ったというエピソードが紹介されていました。

最近オリンパスの件でも、登場したゴールドマンサックスが33位、アドビが41位、インテルが46位にそれぞれランクインしています。

さらに見ていくと、日本でも広く知られている会社では、スターバックスが73位、マイクロソフトが76位、アフラック77位、フォーシーズンズホテルが85位となっていました。
86位には日立データシステムズという日立の子会社がランクインしていました。

最後に、上記では敢えて飛ばしましたが、日本の監査法人が提携しているグローバールファームもTOP100にランクインしています。

想像してみてください、どこが一番上位にランクインしているでしょうか・・・・・

ランキング上位から順に、

59位 ERNST&YOUNG

67位 DELOITTE

94位 KPMG

となっていました。なお、PWCは見当たりませんでした。
KPMGはどちらかといえばヨーロッパで強いイメージなので、上記のようなランキングとなっているのかもしれません。

いずれにしても、FORTUNEが選ぶTOP100に入っているということが、興味深いですね。日本の経済誌が選ぶ働きたい会社TOP100に監査法人は入るのだろうか・・・

日々成長

関連記事

  1. 労働者派遣法の改正に伴う派遣制限期間の見直し(その2)

  2. 残業の自己申告制について(その2)

  3. 雇用保険法等の改正(平成28年)-その1

  4. 電通へ労働局調査報道も株価へは影響なしが現実か?

  5. 計画停電と休日振替

  6. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る