menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  2. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  3. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  4. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  5. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  6. 資本金1円の上場企業が急増?
  7. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  8. SMCの「北米疑惑」?
  9. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
  10. 日産自動車の配当利回りは4.62%
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

そろそろ確定申告の期限です

例年は比較的余裕をもって自分の確定申告の準備は終わっているのですが、今年はなぜかバタバタしていて、そろそろ本当にまずいと感じて申告書の作成をすることにしました。

自分の確定申告をするだけなので、安い青色申告用のソフトということで、昨年から「勘定奉行のOBCグループ」というパッケージにつられて、Bizsoftの青色申告2011を使用しています。
この手のソフトは毎年更新することが想定されているのですが、仕訳が入力できて試算表が出力できれば、それを元に国税庁のHPから申告書を作成できるので更新する必要性を感じません。

にもかかわらず、ソフトを立ち上げるたびに、更新をすすめるような表示がでるのは若干不快です。購入したときの価格が請求書等のソフトがついて8000円位だったと記憶していますが、これを更新する場合、6ヶ月で5250円、12ヶ月で7350円だそうです。
現在のソフトの有効期限は昨年の6月末と表示されているので、今から更新したら、やはり12ヶ月になるのでしょうか・・・

ちなみにAmazonで新品の値段を確認したら、6708円(定価7770円)なので、それなら新品を買う人のほうが多いのではないかと思います。
ソフトの年間保守費用と考えると、高くても当初購入額の50%に抑えてほしいところです。

来年は、もう少し安いソフトに切り替えようかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 交際費と会議費の区分

  2. 資本性借入金を損金算入できるケースが明確に-金融庁が国税庁に確認…

  3. グループ法人税(その3)-譲渡損益調整資産とは?

  4. グループ法人税(その4)-繰延譲渡損益の実現

  5. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

  6. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る