menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  2. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  3. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  5. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  6. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  8. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  9. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
  10. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

メガネも通販の時代?

コンタクトの購入で利用しているLENSMODEから、「【おかげさまで大盛況!お急ぎ下さい!☆発売記念キャンペーン中!】」というタイトルのメールが届きました。

何の発売記念かと思ったら、メガネの取り扱いを始めたとのことでした。

で、メガネ一式(フレーム・レンズ・ケース・メガネ拭き)の価格が、発売記念で1800円~となっていました。といっても、通常価格も2600円~ということなので、かなりお買い得感は漂っています。

「1800円~」という部分が気になったので、確認してみると、基本的には1800円ですが、レンズを薄型非球面レンズにするとプラス1260円となるようです。
この他、送料が800円かかるので、今回のキャンペーンで?薄型非球面レンズを選択したとすると、合計で3860円となります。

ただし、メガネでいえば、「J!NS」でもフレームによっては5000円程度で薄型非球面レンズのメガネを購入できるので、実物を見て購入できるという利点や、微調整をしてもらえることを考慮すると「J!NS」も捨てがたいように思います。

コンタクトを愛用しているとメガネはあまり使用することがありませんが、災害時などはコンタクトも入手できないと思いますので、メガネも予備を持っておいた方がいいような気がしています。

これを機会に、メガネを注文しようかと思ったら、男性用の定番品はすでに品切れになっていました・・・

日々成長

関連記事

  1. 2012年を振り返って

  2. 尖閣諸島問題

  3. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  4. 伝え方が9割だとすると結果は変わっていたのか?

  5. この異常なアクセス数はどうやらYahooのリンクによる影響のよう…

  6. Dysonのハンディ掃除機 DC16をリフレッシュしたいが・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る