menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  2. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  3. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  4. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  5. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  6. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  7. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  8. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
  9. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場合の取…
  10. 厚労省HPで労基法違反で送検された企業名が公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

メガネも通販の時代?

コンタクトの購入で利用しているLENSMODEから、「【おかげさまで大盛況!お急ぎ下さい!☆発売記念キャンペーン中!】」というタイトルのメールが届きました。

何の発売記念かと思ったら、メガネの取り扱いを始めたとのことでした。

で、メガネ一式(フレーム・レンズ・ケース・メガネ拭き)の価格が、発売記念で1800円~となっていました。といっても、通常価格も2600円~ということなので、かなりお買い得感は漂っています。

「1800円~」という部分が気になったので、確認してみると、基本的には1800円ですが、レンズを薄型非球面レンズにするとプラス1260円となるようです。
この他、送料が800円かかるので、今回のキャンペーンで?薄型非球面レンズを選択したとすると、合計で3860円となります。

ただし、メガネでいえば、「J!NS」でもフレームによっては5000円程度で薄型非球面レンズのメガネを購入できるので、実物を見て購入できるという利点や、微調整をしてもらえることを考慮すると「J!NS」も捨てがたいように思います。

コンタクトを愛用しているとメガネはあまり使用することがありませんが、災害時などはコンタクトも入手できないと思いますので、メガネも予備を持っておいた方がいいような気がしています。

これを機会に、メガネを注文しようかと思ったら、男性用の定番品はすでに品切れになっていました・・・

日々成長

関連記事

  1. おいしいから売れるのか、売れているからおいしいのか?

  2. 需給逼迫による計画停電の実施と一層の節電のお願いについて

  3. 日本からも使用できる方法があったPandra Radio

  4. 仕事始め

  5. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  6. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

海外旅行に最適なクレジットカード13選

海外旅行に最適なクレジットカード13選
ページ上部へ戻る