menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  2. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  3. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  4. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  5. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  6. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  7. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  8. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  9. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  10. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本株復活?

先日日経平均が1万円を回復し、電車内の吊革広告などに「日本株復活!これからの上昇期待銘柄XX社」みたいな雑誌広告を目にします。

日本は失われた20年と言われるように、最近20年はぱっとしませんし、すでにピークは過ぎ去ったいう人すらいます。

そんな状況にある日本ですが、最近10年間の日経平均はどのように変動してきたかイメージできるでしょうか?株価の推移に関連性が強い仕事に就いている方は当然のことのように理解されているかもしれませんが、一般的にはそれほど明確にイメージできないかもしれません。

そこで、Yahooファイナスで最近10年の日経平均の推移を確認してみると以下のようになっていました。

(出典:Yahooファイナンスより)

自分のイメージと比較して、実際の推移はどうだったでしょうか?株価が上昇した要因、下落した要因を事後的に色々と名付けることは可能ですが、そのような上昇・下落要因は今後も発生するとするならば、日経平均が1万円に戻ったところで「日本株復活!」というのは、????という感じがします。

ある程度長期的な視点でデータを確認してみるということの重要性をあらためて感じました。

日々成長

関連記事

  1. 増税なき復興債発行の可否について(その1)

  2. 「為替デリバティブ取引のトリック-リスクヘッジを謳った偽りの金融…

  3. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数がさらに加速しています

  4. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?

  5. 2013年7月の金融円滑化法利用後倒産は52件-帝国データバンク…

  6. 「第二会社方式」とは?(その3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る