menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. そういえば、四半期開示の存続はどうなった?
  2. 取締役の就任に委任契約の締結は必要か
  3. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)
  4. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  5. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  6. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  7. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  8. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  9. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  10. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

組替調整額および税効果の注記-平成24年3月期より

3月決算の会社は、2011年3月期から企業会計基準第25号「包括利益の表示に関する会計基準」が適用されていますが、2012年3月期から適用が一年遅れとなっていた組替調整額およびその税効果の注記が適用されます。

企業会計基準第25号の設例1では以下が注記例として示されています。注記の方法としては、税効果を別個に開示する方法もありますが、最終的にどちらで開示するにせよ以下の情報を収集できればよいということになります。

上記の開示内容から明らかなように、包括利益計算書に表示された「その他包括利益」を「当期発生額」と「組替調整額」に分けることと、対応する税効果の金額を把握することが必要となります。

「当期発生額」と「組替調整額」がそれぞれ何を意味するかですが、基準上は第9項で「当期純利益を構成する項目のうち、当期又は過去の期間にその他の包括利益に含まれていた部分は、組替調整額として、その他の包括利益の内訳項目ごとに注記する」と「組替調整額」の定義を行っているのみです。

「当期発生額」は文字通りの意味ということだと思いますが、見方を変えると「組替調整額」以外が「当期発生額」と考えられます。
したがって、実務的には「組替調整額」を先に確定して「当期発生額」は差額で計算するということになると考えられます。

その他有価証券の時価の変動で考えると、PLで計上された有価証券の売却損益が「組替調整額」とし、期首と期末の残高の差額から「組替調整額」を差し引いて「当期発生額」を算出することになると思います。

この点について、基準の設例1でも、以下のように「当期発生額(差額)」となっていますし、定義の仕方から考えても、「組替調整額」を先に確定するという流れが想定されているようです。

税効果については、「当期発生額」と「組替調整額」を区分する必要はありませんので、その他有価証券に対する期首と期末の繰延税金資産・負債の残高差額で計算することになると考えられます。

なお、上記のような差額計算でやっていれば問題となることはないと思いますが、時価評価の対象となるその他有価証券を当期に取得して売却した場合も注記の対象となるという点は注意が必要です。

日々成長

 

関連記事

  1. 為替予約の振当処理(その2)

  2. 社外取締役を義務化って本当に意味あるのでしょうか?

  3. 平成28年度の東京都外形標準適用法人の超過税率は2.14%になる…

  4. グループ法人税(その4)-繰延譲渡損益の実現

  5. 第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

  6. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る