menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. CGコード説明率が高いのは補充原則1-2④
  2. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  3. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  4. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  5. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  6. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  7. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  8. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  9. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  10. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

24時間無料通話が楽しめる”LINE”をインストールしてみました

iPhone 4Sを購入したときから、”LINE”が表示されて他のですが、いままで一度も開くことがありませんでした。

最近、スマポユーザー同士で無料通話が楽しめる”LINE”というアプリがあると聞いて、App Storeからダウンロードした後で、よく見たら自分のiphoneにアイコンがあるのを発見しました。
もともとあったアイコンは、ダウンロードサイトに誘導するためだけのもののようですが、興味がないものは目に入らないというのは本当のことだと改めて感じました。

早速使用するための準備を開始すると、まずは電話番号の登録からでした。指示通りにすすんでいくとSMSで認証番号が送られてくるということでしたが、何度か試してもメールが届かなかったので、「電話番号で認証」を使用してみました。
自動的にフリーコールでセンター?につながって、認証が完了しました。

さらにすすむと名前の登録があるのですが、これは実名で行うべきなのか、Skype的なユーザー名が普通なのかがわかりませんでしたが、とりあえず実名で登録してみました。

これで使用準備は整ったようですが、他に使用している人がいまのところ見つからないので、通話の品質を確認することができていません。また、無線LAN環境と3G環境での通話の品質なども気になります。

まだ使い方がわかりませんが、「お知らせ」によると2012年3月5日に2000万ダウンロードを達成したとのことで、ユーザー数は相当多いようです。なのに、私の周りでLINEを使用しているという人が見当たらないのは、2000万ダウンロードの大半は20代以下のユーザーということなのではないかと思います。

ビジネス(特に外部とのやりとり)でLINEを使用するのはあまり考えられませんが、友人同士であれば多少音質が悪くても無料を選択する人が多いのではないかと思います。

このようなサービスが通話料の引き下げにつながるのか、ビジネスユーザーに焦点を絞って収益獲得を目指すのが、携帯各社の動向が気になります。

日々成長

関連記事

  1. MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

  2. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

  3. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  4. ネットワーク対応ハードディスク

  5. グローバルデータでレンタルしたデータ通信機器を韓国で使用してみた…

  6. 14185652_xl

    FastStone Capture

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る