menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

RHインシグノは上場廃止とのことですが・・・

RHインシグノという札幌市場に上場していた企業が、時価総額基準に抵触し3月30日付けで上場廃止となるそうです。

あまり知られていない札幌の一企業の上場廃止なので、それがどうした?という感じかもしれませんが、RHという名のつくRHトラベラーというJASDAQの上場会社も今年2月に上場廃止になっています。

「上場廃止企業」というサイトによると、RHインシグノの主要株主はレッドホースアソシエイツ(株)で保有割合は25.1%、RHトラベラーの主要株主はRHインシグノで26.51%となっています。

RHトラベラーのほうは、自主的に上場廃止を選択しているものの、結果的にRHグループの上場企業が引き続き上場廃止となるわけで、結果的に投資が失敗に終わっているように見えます。

レッドホースとグーグルで検索するとレッドホースホールディングというホールディング会社のHPが出てきますが、ここに含まれているのがRHトラベラーとRHインシグノ、あと北海道元気計画だそうです。

なんだかよくわからない会社です。さらにネットを検索してみると、このレッドホースは2008年にゴルフパートナーにTOBを仕掛けたというロイターの記事がありました。
この記事によると、ゴルフパートナーの株式の45%程度を握ったようですが、子会社や持分法適用会社にはしなかったようです。そもそも、子会社とか持分法適用会社とか、レッドホース自体が上場企業ではないので、あまり関係ないように思いますが・・・

この他、特に目立つものは見つからず、1勝2敗というところでしょうか。ユニクロの柳井さんは1勝9敗らしいので、それに比べればいいのかもしれませんが、上場会社を2社なくしたというイメージは投資会社としては相当マイナスな気がします。

日々成長。

関連記事

  1. 「第二会社方式」とは?(その3)

  2. ノルウェーの政府年金基金-日本での投資先を見てみるのも面白いです…

  3. iPadのスクリーンコピー

  4. 海外に預金口座を開設するには?

  5. インフレは来るのか来ないのか?

  6. 中小企業金融円滑化法の終焉に向けて銀行側も動きだしているようです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る