menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  2. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  3. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  4. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  5. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  6. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  7. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  8. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  9. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  10. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

RHインシグノは上場廃止とのことですが・・・

RHインシグノという札幌市場に上場していた企業が、時価総額基準に抵触し3月30日付けで上場廃止となるそうです。

あまり知られていない札幌の一企業の上場廃止なので、それがどうした?という感じかもしれませんが、RHという名のつくRHトラベラーというJASDAQの上場会社も今年2月に上場廃止になっています。

「上場廃止企業」というサイトによると、RHインシグノの主要株主はレッドホースアソシエイツ(株)で保有割合は25.1%、RHトラベラーの主要株主はRHインシグノで26.51%となっています。

RHトラベラーのほうは、自主的に上場廃止を選択しているものの、結果的にRHグループの上場企業が引き続き上場廃止となるわけで、結果的に投資が失敗に終わっているように見えます。

レッドホースとグーグルで検索するとレッドホースホールディングというホールディング会社のHPが出てきますが、ここに含まれているのがRHトラベラーとRHインシグノ、あと北海道元気計画だそうです。

なんだかよくわからない会社です。さらにネットを検索してみると、このレッドホースは2008年にゴルフパートナーにTOBを仕掛けたというロイターの記事がありました。
この記事によると、ゴルフパートナーの株式の45%程度を握ったようですが、子会社や持分法適用会社にはしなかったようです。そもそも、子会社とか持分法適用会社とか、レッドホース自体が上場企業ではないので、あまり関係ないように思いますが・・・

この他、特に目立つものは見つからず、1勝2敗というところでしょうか。ユニクロの柳井さんは1勝9敗らしいので、それに比べればいいのかもしれませんが、上場会社を2社なくしたというイメージは投資会社としては相当マイナスな気がします。

日々成長。

関連記事

  1. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  2. 就職難で公認会計士受験者が激減が金融庁の誤算だそうですが・・・

  3. エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

  4. FORTUNEが選ぶ10 BEST STOCKS FOR 201…

  5. 企業財務会計士とは?

  6. クレジットカード最強の2枚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る