menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

RHインシグノは上場廃止とのことですが・・・

RHインシグノという札幌市場に上場していた企業が、時価総額基準に抵触し3月30日付けで上場廃止となるそうです。

あまり知られていない札幌の一企業の上場廃止なので、それがどうした?という感じかもしれませんが、RHという名のつくRHトラベラーというJASDAQの上場会社も今年2月に上場廃止になっています。

「上場廃止企業」というサイトによると、RHインシグノの主要株主はレッドホースアソシエイツ(株)で保有割合は25.1%、RHトラベラーの主要株主はRHインシグノで26.51%となっています。

RHトラベラーのほうは、自主的に上場廃止を選択しているものの、結果的にRHグループの上場企業が引き続き上場廃止となるわけで、結果的に投資が失敗に終わっているように見えます。

レッドホースとグーグルで検索するとレッドホースホールディングというホールディング会社のHPが出てきますが、ここに含まれているのがRHトラベラーとRHインシグノ、あと北海道元気計画だそうです。

なんだかよくわからない会社です。さらにネットを検索してみると、このレッドホースは2008年にゴルフパートナーにTOBを仕掛けたというロイターの記事がありました。
この記事によると、ゴルフパートナーの株式の45%程度を握ったようですが、子会社や持分法適用会社にはしなかったようです。そもそも、子会社とか持分法適用会社とか、レッドホース自体が上場企業ではないので、あまり関係ないように思いますが・・・

この他、特に目立つものは見つからず、1勝2敗というところでしょうか。ユニクロの柳井さんは1勝9敗らしいので、それに比べればいいのかもしれませんが、上場会社を2社なくしたというイメージは投資会社としては相当マイナスな気がします。

日々成長。

関連記事

  1. 国家公務員の給与が8%増だそうですが・・・

  2. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…

  3. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  4. 「福島原発メルトダウン」を読んで

  5. 「大停滞」-タイラーコーエン著

  6. 海外ホテルの予約サイト-エクスペディア vs Hotel.com…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る