menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

木更津のアウトレットに行ってきました

決算期でいいかげん疲れてきたので、一日ゆくっりしていようかと思いましたが、急遽思い立って午後から木更津のアウトレットに行くことにしました。

個人的にはアウトレットにそれほど興味はないのですが、店舗数で日本最大のアウトレットということで一度行ってみることにしました。

4月13日にオープンしたばかりということで、混雑覚悟で行きましたが、天気もあまり良くなかったことと午後2時位という時間帯が影響してか、駐車場は比較的すいていました。
ただ、アクアラインを降りて勝手がわからず誘導されるがままに入った駐車場は店舗から相当離れており雨が降ったらつらいなという距離でした。

ところが、車から降りて店舗の方に向かって歩いて行ったら、店舗に近い駐車場もかなり空いていることが判明し、再び車に戻って店舗の入り口に近い駐車場に移動しました。
かなり空いている便利な駐車場の方に何故誘導しないのか不思議ですが、オープンしたばかりなのでこの辺のオペレーションは今後改善されるのかもしれません。

店舗数が最大ということですが、実際歩いて回った感じでは、広すぎて回れないという感じるほどではありませんでした。移動距離でいえば御殿場の方が広い感じがします。

女性服のブランドはよくわかりませんが、全体的なイメージとしては、デパートとララポートに入っている店舗を平面展開したように感じました。

アウトレットというと私は安さを連想してしまいますが、少し見た限りでは残念ながら価格的にそれほど安いという感じはしません。もちろん、デパート等で定価で購入するよりは安いですが、そもそもアウトレットに出回るものは定価で売れ残ったものなので、多少安くなっていてもあまり魅力は感じません。
アウトレットと言えども、やはりセールの時期でないとあまり意味がないような気がしました。

駐車場は比較的空いていたものの、客数は多かったです。ただ、通路がかなり広くとられているので、人数の割にあまり混雑している印象はありませんでした。
なお、通路の床には三つ葉のクローバー模様の中に、たまに四葉のクローバーが紛れ込んでいたり、地図模様になっていたりしました。こんなことが気になるのは、あまりファッションに興味がないのに連れの買いものに付き合ってりいる人だけでしょうが・・・

入っているブランドとか取り扱っている商品についてはよくわかりませんが、 結構つらいなと思った点が三つあります。

1 トイレの数が少ない。女性トイレが行列になっているのはまだしも、ちいな子連れで男性トイレの個室を利用しようとしてもなかなか空かない。ベビーカーで入れる個室もあるものの、すんなりベビーカーで入れることはあまりなさそうなので、そうであれば個室をもう一つ作った方がよかったのではないかと思いました。

2 店舗から結構はなれている駐車場がある。歩けない距離ではないですが、雨が降っていたり、買い物した後だとつらいのではないかと思います。また、子連れにもつらい距離ではないかと感じます。

3 通路が雨にぬれると滑りやすい。通路は広くとってあるのですが、タイルの性質が、雨にぬれると非常に滑りやすくなります。今日はポツポツという感じの雨でしたが、それでも非常に滑りやすく感じました。これだと、滑って怪我する人が出てくる可能性が高いように思います。これは、そのうち何らかの対策が講じられるはずと思えるくらいの滑りやすさです。

興味のある方は一度ご自分の目で確認してみて下さい。

日々成長

関連記事

  1. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  2. 2011年危機(その2)

  3. 「為替デリバティブ取引のトリック-リスクヘッジを謳った偽りの金融…

  4. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  5. 持株会奨励金支給水準が初めて80円を超過-2015年度従業員持株…

  6. 2012年11月の金融円滑化法利用後倒産件数はやや減少―帝国デー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る