menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

”メッシュ-すべてのビジネスはシェアになる”を読んで

随分前から気にはなっていた本ですが、Amazonの古本で「メッシュ-すべてのビジネスは<シェア>になる(リサ・ガンスキー著)」を購読しました。

シリコンバレーで流行りのビジネスモデルを三冊で表現するとすれば「フリー」、「シェア」、「メッシュ」だそうです。

「シェア」については、原書で読み始めて時間ばかりかかって途中で停滞していますが、「シェア」と「メッシュ」の内容は似ていると思います。(「すべてのビジネスは<シェア>になる」と言っているのだから当たり前か・・・)

「シェア」を完読していないだけに比較が十分にできませんが、「メッシュ」はシェアを可能にするネットワークに力点を置いているのに対して、シェアは、ある物をシェアするという行為に力点が置かれているように感じます。

私の関心が足りないだけかもしれませんが、日本では最近ようやくタイムズなどでカーシェアリングの車が増えてきたかな?という程度に思えますが、この本では様々なビジネスが紹介されています。

例えば、クラッシュパッドという会社は、自分だけのワインを作ってみたいと思っている人たちをターゲットにワイン製造に必要なすべてを提供しているそうです。
ここでいう「すべて」は道具に限らず、醸造に必要なデータや情報といった技術面でのサポートが含まれ、利用者は自分のブランドでそのワインを販売することもできるそうです。

日本でも、都市部の家庭農園は空きがないという話もききますが、一方であまり活躍していない農地も見受けられます。そのような農地を農業指導付きの家庭菜園として開放するのも面白いのではないかと思います。

もう一つスレッドアップについて紹介しておきます。これは、不要な子ども服を交換することをビジネスとしている会社です。
いらなくなった子供服と希望する服をスレッドアップに送付すると、提供した子供服の価値に見合ったものが送付されてくるという仕組みだそうです。
日本でもないことはないと思いますが、口コミで聞くほどではないのでやはりまだまだといったところではないかと思います。国民性なのかもしれませんが、交換というよりは親戚とか知人といった狭いコミュニティー間での譲渡が一般的な感じがします。

今後日本でどれだけ共有型のビジネスが流行っていくのかわかりませんが、人口密度が高い都市はメッシュビジネスが成長していく格好の土壌ということなので、東京や大阪では流行ってもおかしくはありませんが・・・

日々成長

関連記事

  1. 日本株復活?

  2. 2013年7月の金融円滑化法利用後倒産は52件-帝国データバンク…

  3. 企業財務会計士とは?

  4. The global debt clock-自分の預金もこれくら…

  5. 23区格差ー池田利通著

  6. 『獄中のホリエモン「オリンパス」に憤る』(FACTA3月号)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る