menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 条件付対価返還の会計処理を明確化する方向で検討
  2. 日産自動車の経営者って・・・
  3. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  4. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  5. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  6. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  7. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  8. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  9. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  10. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

イーモバイルLTEとD41HW(42Mbps)は実際どれくらい違うのか

業務上、顧客先で作業をするのが大部分なのでイーモバイルのD41HW(USB接続、最大42Mbps)を会社から貸与されていますが、iPadなどを効率的に使おうとするとポケットWifiがやはりあった方がと欲が出て、イーモバイルのLTEを契約しました。

実際の速度について色々調べたところ、何だかんだいってもWiMAXが早いという内容も見かけましたが、以前トライWiMAXで試用した経験から、建物の中で使用することを前提とするとやはり敬遠せざるを得ませんでした。
つながれば確かに快適ではありましたが、建物の中ではあまりにつながらな過ぎて、私の使い方には合わないようです。

また、意外にもといっては失礼ですが、ソフトバンクのG4も速度は速いとのことだったので迷いましたが、今年の10月以降月5GBの通信料を超えると通信速度が128kbpsに制限がかかるということなので、こちらも見送りました(そこまで使用するかはわかりませんが、128kbpsはさすがに・・・)。

一方で、イーモバイルは今までUSBタイプで使用してきた感じから、従来の回線であればエリア的には問題なさそうですし、使いすぎると当日21時~翌2時までの通信速度が制限される?そうですが、それ位は許容範囲です。
また、月単位の制限も2014年位からのようなのもありがたいところです。

さて、実際の通信速度ですが、価格コムの速度測定を使用して各2回、図ってみました。
まず、 DH41HWは以下のような結果となりました。

次に、Pocket WiFi LTE(GL02P)でLTE接続されている場合は、以下のような結果となりました。

LTEの宣伝文句である75Mbpsということからすると、大したことないなーという感じかもしれませんが、?D41HWでもそれほど不満を感じてはいなかったので、随分早いという感じです。

ただ、先日別の場所で測定した時はLTE接続でも下り6~7Mbps(D41HWは1Mbps~1.5Mbps)でした。
結論を出すには、検証箇所が少なすぎますが、LTEはやはり場所によって相当速度に差がでるということなのではないかと思いますが、相対的に早いことは早いと言えそうです。

日々成長

関連記事

  1. Scansnapの新機種”Scansnap ix500”が発売さ…

  2. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

  3. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  4. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

  5. ネットワーク対応ハードディスク

  6. Goodreaderで加工したPDFファイルをダウンロードする方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る