menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  2. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  3. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  4. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  5. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  6. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  7. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  8. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  9. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  10. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

ここ数カ月FACTAでSBIホールディングスがちょこちょこと叩かれています。いつから始まったのかと調べていくと2012年1月号からでした。

それ以降の記事のタイトルを紹介すると、

2012年1月号 北尾SBI「金の卵」簒奪商法
2012年4月号 SBIが「連結外し」隠ぺい
2012年5月号 「切り売りSBI」謎の筆頭株主
2012年6月号 SBI「幽霊」子会社の暗部

来月号以降も何か続くのかは定かではありませんが、SBIのHPを見てみたところ、2012年1月号の記事については、“『FACTA』2012年1月号の当社グループに関する記事に対する見解”として、2011年12月26に日に記事に対する反論が公表されています。

2012年1月号 の記事をざっくりとまとめると、KLab社(どこかで聞いた会社だと思ったらガチャゲーでよく名前が出ていた会社のようです)の株式を、上場までまてばいいのに、身内のファンドに売却して、利益を付け替えたのではないかという内容です。
IPO時の初値と実際の売却価格から計算すると約8億4000万円が身内のファンドにつけ変わったとされています。

このような記事に対して、SBIの反論は、以下のように掲載されています(FACTAの記事の内容が推察できるので、長めに引用することにします。)
「当社グループの役職員専用ファンドである「SBIグループインセンティブファンド2006」の投資先に、SBIインベストメント株式会社が含まれることを前提に、かかるSBIインベストメント株式会社が傘下に抱えるSBI-R&D投資事業有限責任組合がKLab株式会社株式33万8400株(以下「本件KLab株式」といいます。)を譲り受けたとの記事がございますが、「SBIグループインセンティブファンド2006」の投資先にSBIインベストメント株式会社は含まれず、またSBI-R&D投資事業有限責任組合はおろか、本件KLab株式も含まれておりません。」(SBIホールディングス 2011年12月26日プレスリリースより)

記事に対する反論なので、上記のような書き方にならざるを得ないのかもしれませんが、グループ内のファンドに売却したかどうかについては述べられていない点は少し気になります。
実務上はよくあるのかどうかわかりませんが、グループ内のファンドで売買がされていたとすると、投資家の立場からすると微妙な感じがするのは確かではないかと思います。

また、「SBI証券はあくまでKLab社の副幹事証券会社であるため、SBI証券において、KLab社の上場時の初値について見当が付いていたという事実はありません」というのも、そんなものなのかなと多少疑問に感じます。

その後、SBIホールディングスは2012年3月8日に“訴訟提起のお知らせ”というプレスリリースを発表し、2012年1月号の記事を対象に訴訟を提起しました。

さらに、2012年4月号の記事に対しても、“FACTAに掲載された記事に対する当社見解について”というプレスリリースを発表しました。

ここまではFACTAの記事に対する会社の反論が掲載されていましたが、その後2012年5月号、2012年6月号と続いており、こちらに対しては係争中を理由として対応を控えているようです。

最新の2012年6月号では。イー・リサーチ(株)という、住所も電話番号も公開されていない子会社が、10年度から11年度にかけて約900億円の資金調達をおこなっており、資金を循環させているのではないかというニュアンスの記事となっています。

加えて、SBIホールディングスの筆頭株主であるオービスファンズもなんだか怪しいという感じで書かれています。

さずがに、住所も電話番号も開示されていない子会社で巨額の資金調達というのは普通ではない気がしますが、説明できない意図があったのかどうかは今後裁判で明らかになるのではないかと思います。

まだまだネタはありそうで、な気がします。監査法人は焦っているのかいないのかも気になりますが、FACTA監査法人に監査してもらったほうがいいんじゃないの?と言われないですむことを期待します。

日々成長

 

関連記事

  1. IASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る…

  2. 在外子会社に対する外貨建貸付金から生じた為替差損益は連結上消去す…

  3. 中小企業金融円滑化法は延長されるのか?

  4. 滞留在庫に対する引当と低価法の関係

  5. 米国基準の使用期限撤廃

  6. 証券取引委員会の課徴金事例集-不正事例は読んでおくとよいのでは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る