menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その2)
  2. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)
  3. 2017年4月から手取額が同額の場合も定期同額給与扱いに-平成29年度…
  4. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  5. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  6. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  7. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  8. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  9. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  10. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Goodreaderで加工したPDFファイルをダウンロードする方法

従来はGoodreaderをPDF化した書籍とiPadで読むためのツールとして使用していましたが、最近は線を引いたり、自分で考えたことを注釈で書いておいたりするようなりました。

今さらですが、このようにGoodreaderを使用してみて感じることは、Goodreaderのコストパフォーマンスの高さです。私が購入した時は105円で、今は450円となっていますが、450円だとしても安いと感じられる出来ではないかと思います。

さて、本題に戻りますが、Goodreaderを使って、線を引いたり注釈を加えたりしたファイルをPCにダウンロードする方法を確認しました。
単にWifiで転送するのと同じように(ipadのフォルダからPCにドラッグして)ファイルをPCにダウンロードできるのではないかと考えたのですが、 これはできないようです。

とすると、方法としては、

1.メールに添付して送る

2.EvernoteやDropboxなどに送って、PC側でそこからダウンロードする

しかないかなと思いましたが、

全く把握していませんでしたが、いつのまにか、

3.iTUnesからUSBを経由して転送する

という選択肢も可能となっていました(随分前から可能となっていたようです)。

iPad側にファイルを送るだけであればWifi転送で特に問題なかったので気づきませんでしたが、容量の大きなファイルを転送するにはやはりUSB接続が便利です。
USB接続によるファイルのやり取りの方法は、
iPhoneとiMacと私と・・・”というブログで丁寧に解説されていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

やりとりしようとするファイルの容量が大きいと、メールに添付するのには限界がありますし、Evernoteの場合は1ノートの上限が50MBとなっているので、カラーの書籍等だと容量が足りない場合ばあります。
したがって、1.および2.の方法でいくとすると、Dropboxを経由してデータをやり取りするということが考えられます。
Dropboxの場合、無料アカウントでも最低2GBは容量をもらえるので、データのやり取りをするだけであれば十分です。

Evernoteについてはプレミアムアカウントを使用していますが、従来Dropboxはあまり使用していませんでした。今後、iPadで加工したFileをPCのファイルと同期していく必要が高まってくるので、EvernoteからDropboxにシフトしていこうかと思います。

日々成長

関連記事

  1. マルチモニタ

  2. Excel利用時のこのマウス操作は常識?

  3. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  4. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  5. オーディオブックーFebe

  6. 知らなかった便利な関数-SUMIFS関数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る