menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  2. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  3. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  4. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  5. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  6. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  7. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  8. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  9. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
  10. 公認会計士試験合格者が3年連続で増加
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

iPhone(iPad)アプリの意外な利点

書店でThe Economistの以下の表紙のタイトルが目につきました。

“The endangered public company”?

“endangered”は絶滅の危機に瀕したというような意味だったような気が・・・(マンモスが追いやられている表紙の絵からしても多分あっていそう)

何やら面白そうだなと思いましたが、書店でThe Economistを購入すると1000円以上するので(1100円~1200円程度だったと思います)、さすがに購入する気にはなりませんでした。

そこで、確か電子書籍を販売している”Zinio”で電子版なら半額程度で購入できたはずと思ってPCにインストールしているZinio Reader4から検索してみましたが発見できませんでした。

米国のサイトで購入したのかな?と米国のサイトで検索したらすぐに見つかったので購入(1冊約7ドル)しようとしたら、日本では購入できないと表示されてしまいました。

取扱いがなくなったのかと思いましたが、念のためiPhoneのアプリからThe Economistを検索すると、なんと、すぐに欲しい号が発見できました。1冊500円で、これならいいかと思い購入しました。

ちなみにiPhoneアプリで購入しても、購入後はPCにインストールしているZinio Readerで購入した雑誌を見ることができるようになります。

こんなことがあるのかと思って、再度PCのZinio Reader4のストアで検索してみたところ、The Economistが販売されているのを発見しました。米国のサイトでの検索と比べると、検索結果が非常にわかりにくいですが、販売されていました。

単なる私の早合点だったわけですが、怪我の功名といってよいのか一つ重要なことがわかりました

というのは、PCにインストールしたZinio Reader4からストアで購入しようとした場合には1冊558円で販売されていますが、iPhoneアプリで購入すると1冊500円で購入可能です(試していませんがiPadアプリでも同様だと思います)。

つまり、同じものを購入するにしてもiPhoneアプリ経由の方が安いことがあるということです。

他にも少し比べてみようと思って、まずThe Economistの電子版を年間購読しようとした場合にはいくらなのかを比較してみました。

すると、
iPhoneアプリ経由 11,500円
PC経由(Zinio Reader4のストア) 10,125円
と、今度はPC経由で購入した場合の方が10%程度安くなるということがわかりました。

では、Bloomberg Businessweekの年間購読はどうかと調べてみると、
PC経由(Zinio Reader4のストア) 3,668円(単号購入の場合は、1冊398円)
でしたが、今度はiPhoneアプリからBusinessweekが発見できないという結果になりました。

ちなみにPC経由のサイトでは「世界の人気雑誌」というアイコンをクリックしたら先頭に表示されています。

iPhoneアプリではThe Economist発見しやすくBloomberg Businessweekは発見できないのに対して、PC経由ではBloomberg Businessweekはすぐに見つかり、The Economistは発見しにくいというのはなんなのかよくわかりませんが、このような性格があるというのは覚えておいた方が良いようです。

もう一つだけ、比較しておくと
Harvard Business Review(英語版)は、
iPhoneアプリ経由 6,900円
PC経由(Zinio Reader4のストア) 11,880円
とかなり金額に差があります。

最後に、英語学習者の視点からすると、ZinioもKindle的に英英辞典が搭載されていればいいのになと思います。せめて、PCで見るときに英二郎と一緒に表示できれば、相当ありがたいのですが・・・

日々成長

関連記事

  1. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

  2. 国の借金が1000兆円を突破

  3. 日本株の上昇を牽引しているのはやはり・・・

  4. 「2012年第恐慌に沈む世界 甦る日本」を読んで

  5. 期間限定消費税3%UPは悪くないのでは?

  6. 中小企業金融円滑化法の終焉に向けて銀行側も動きだしているようです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る