menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  2. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  3. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  4. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  5. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  6. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  7. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  8. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  9. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
  10. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

本屋でたまたま「国税記者 実録マルサの世界」という本を見かけ、「巨額脱税事件をスクープせよ」という帯に興味を魅かれて購入しました。

国税担当の記者として遭遇した事件のいくつかを紹介しているものですが、気分転換にすこしずつ読もうと思って読み始めました。

その本の最初の方に報道で使われる「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いについて書かれていました。
あたらめて聞かれると、たしかに上記三つはみたことがある(あるいは聞き覚えがある)表現です。
あまり意識したことはありませんでしたが、「申告漏れ」は悪意がない間違いというイメージ、「所得隠し」と「脱税」はどちらも悪意があるようなケースが連想され、表現的には「脱税」のほうが強いというイメージをもっていました。

しかしながら、同書による解説によると「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」は以下のように使い分けられているとのことです。

「申告漏れ」

「増差所得」のことであり、「この言葉のニュアンスの中には意図的な税逃れも、単なる経理処理上のミスも両方含まれている」とのことです。「脱税の疑いで・・・」というような報道がなされるイメージがあるので、「申告漏れ」というとあまり悪質なものではないというイメージをもっていましたが、「意図的な税逃れ」も含まれるとのことであり、認識を改めました。

「所得隠し」

報道で「所得隠し」と呼ばれるのは、「申告漏れ」のうち「重加算税が課せられる部分」だそうです。重加算税が加算されるくらいなので、相当悪質なものということになります。

「脱税」

報道で「脱税」という言葉が使われるのは、「査察部が地検に告発した事案に限定される。」そうで、「査察部が取り扱う事案は所得隠しの金額が1億円を超えるもの」とのことです。
「所得隠し」も相当悪質ではありますが、悪質かつ巨額になると「脱税」という報道がなされるということのようです。

いままで、ほとんど意識していませんでしたが、これからは報道の表現にも注意してみようと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

  2. 中国経済の打ち出の小槌

  3. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  4. 円高関連の倒産が前年比2倍超の51社だそうです

  5. 持株会奨励金支給水準が初めて80円を超過-2015年度従業員持株…

  6. 改正労働者派遣法と消費税増税は雇用にどのように作用するか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る