menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  2. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  3. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  4. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  5. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  6. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  7. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  8. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
  9. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場合の取…
  10. 厚労省HPで労基法違反で送検された企業名が公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

この異常なアクセス数はどうやらYahooのリンクによる影響のようです

サイドバーに表示されている最近1週間に読まれている記事で『「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違い」は?』という記事が、現時点で約16000PVとなっています。

このブログは、会計・税務・人事のネタが中心(週末は読んだ本の感想やら、その時々で思いついたことを書いていますが・・・)なので、週末のアクセス数は平日の3分の1位になります。

ところが、昨日(日曜日)からアクセス数が普段の週末の倍以上に膨れ上がっていました。昨日の時点では原因がわからず、Googleアナリティクスがおかしいのかと思っていましたが、本日になって、原因が『「申告漏れ」「所得隠し」「脱税の違い」は?』というエントリにあることに気づきました。

なぜ、こんなエントリがここまでアクセスされているのだろうと不思議に思いつつ、調べていたら、ナント!、Yahooのトップページの記事のした方に、このエントリのリンクが表示されているのを発見しました。

しかも、Yahooのトップ記事のタイトルは「<NEC>100億円所得隠し・・・補償金は「交際費」国税判断」という人々の注目を集めそうな記事です。

そんな記事の下に、以下のようなリンクが貼られていたので、ほぼ1日でこのような異常なアクセス数をたたきだしているということがわかりました。


(Yahoo Y!トップのバックナンバーより)

さらに、こんな偶然があるのものかと思ってしまいますが、さらにもう1件「<所得隠し>家電販売サイトの運営会社が1億5000万円」という記事がYahooのトップページに掲載され、その記事にも以下のようなリンクが貼られていたということがわかりました。


(Yahoo Y!トップのバックナンバーより)

特にYahooとは何のつながりもありませんし、個人的な知り合いも一切いませんが、地味にブログを書いていると、こんなこともあるんですね。
今回の件で、Yahooの記事で取り上げられることの影響の大きさを感じるとともに、影響力の大きさを少し怖くも感じました。

そうはいいつつも、これからもこつこつと書いていこうと思います。

日々成長

関連記事

  1. Open Table-レストランの予約サイトは日本でもはやるか?…

  2. 象印の炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」はいい

  3. メガネも通販の時代?

  4. 仕事始め

  5. Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…

  6. 成長するということ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

海外旅行に最適なクレジットカード13選

海外旅行に最適なクレジットカード13選
ページ上部へ戻る