menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  2. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  3. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  4. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  5. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  6. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  7. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  8. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  9. どうなるSOX?
  10. IFRS任意適用目標と実績の差は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうです

レンタルサーバーをクラウドの範疇に含めてよいのかわかりませんが、レンタルサーバーを提供しているファーストサーバーで、大規模なシステム障害が発生したそうです。

同社のホームページでは以下のように記載されています。
「6月20日(水)17時30分ごろより、弊社一部のサービスにおいてWEB・メールなどのデータが消失し、ご利用いただけない状態になりました。
ご利用のみなさまにはご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。」(同社ホームページの記載より)

ここまでは、単なる大規模なシステム障害というだけですが、会社サイドでのデータの復旧が不可能という発表が本日なされました。例えば、共用サービスの利用者に対しては、以下のような内容が掲載されています。

「障害発生以来、弊社ならびに外部専門業者を交え、データ復旧を試み続けて参りました。しかしながら、極めて遺憾ではございますが、データ復旧を行うことは不可能と判断いたしました。
誠に心苦しい次第ではございますが、お客様で取得されておられるバックアップデータによる再構築を行っていただきますようお願い申し上げます。」
(「共有サーバーサービスをお使いのお客様へのお願いとご案内」から一部抜粋)

バックアップをきちんと自分でとっていない利用者は、かなり大きな影響を受けそうです。バックアップをきちんととっていない方にも問題はありますが、中小企業等では定期的なバックアップがおろそかになっているケースもかなりあるのではないかと思いますので影響は大きそうです。

なお、このデータの損失に対して、会社はサービス約款に従い損害の賠償を行う旨を発表していますが、時期、手続、方法等につきましては現在検討中としています。
このようなケースの場合、どの程度の損害賠償額が支払われるのかは興味があるところなので、今後の展開にも注目です。

私も共用サーバーを利用しているので、明日は我が身と考えて、最近おろそかになっていたこのブログのバックアップをこれからとっておこうと思います。

日々成長

 

関連記事

  1. 米国版失われた10年

  2. スタバカードもオートチャージ可能になってました

  3. 中国経済のバブルは継続するか?(その2)

  4. 住宅ローンを借り換えてみました-下手な運用よりも効果は大きい?

  5. 金融円滑化法利用後倒産が過去最高に-2013年4月(帝国データバ…

  6. 国と地方の借金がついに個人金融資産を上回る?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る