menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の実務対応報告が公表されました
  2. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  3. 2017年IPOは96社(続編)
  4. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  5. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  6. 偽造印紙が発見されたそうです
  7. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  8. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  9. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  10. 2017年監査での課徴金トップ5など
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

スタバカードもオートチャージ可能になってました

スターバックスをよく利用するので、少し前にレジ脇にスターバックスカードが新しくなりましたという広告が貼ってあるのは目に入っていましたが、単にカードのデザインが新しくなっただけだと思っていました。

ところが、しばらくして、新しいスターバックスカードはオートチャージが可能と書いてあるのにとに気づきました。

早速WEBで詳細を確認すると、新しいスターバックスカードはオートチャージが可能なほか、一定の場合に紛失したときに残高の補償が受けられるというようなことがわかりました。また、普通あまり使う機会はないと思いますが、カードの残高の移行も可能とのことでした。

すこし前まで、スターバックスカードを利用していましたが、古くなってレジで読み取りに苦戦することが増えてきたので使用をやめていたのですが、これを機に新しいスターバックスカードを利用することにしました。

クレジットカードでマイルをせこく貯めたい私にとって、オートチャージ機能はありがたいのです。基本的にスターバックスではクレジットカードが使用できるので、コーヒー1杯をクレジットカードで買うことも可能だとは思いますが、さすがにそこまでの度胸(?)はありません。
以前、クレジットカードでスタバカードにチャージするという荒業をやっていたこともありますが、これもやはりなんだか気が引けるのでやめていました(一時期クレジットカードでチャージはできなくなったと聞いた気もします)。

なので、堂々とクレジットカードでチャージができるオートチャージは個人的には非常にありがたいわけです。

以前ソラチカカードというクレジットカードについても書きましたが、このカードに申し込んだのでPASMOのオートチャージも可能となりました。
また、メインカードがVISAですので、iDも保有しています。

ソラチカカードとiDとスターバックスカードをもっていると、最近現金の必要性がかなり低下している気がします。特に平日仕事をしているときで考えると、コンビニではiDがほとんど使用できますし、交通機関は基本的にPASMOがあれば乗車可能です。また、自販機もiDやPASMOが利用できるものが相当数目につくようになっています。
あとは、お店で昼を食べるのが何とかなればほとんど現金はいらなくなりそうです。もっともソラチカカードはクレジットカードなので、クレジットカードが利用できさえすればお昼も問題ないわけですが、安くておいしいお店はお昼にクレジットカードなんか取り扱っていないことのほうが多いように思います。

電子マネーかiDのようなものがもう少し普及して、飲みに行った時の個人間での精算がスマホ経由で安い手数料で行えるようになると、ほとんど現金は不要という日がやってくるのではないかと結構真面目に考えられる時代になってきたと感じています。

日々成長

関連記事

  1. 中国経済のバブルは継続するか?(その1)

  2. ANAのマイレージeクーポンがSKYコインと呼ばれるようになって…

  3. 「予想通りに不合理」とはよく言ったものだ。

  4. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  5. 2011年危機(その2)

  6. 「機械との競争」(エリック・ブリニョルフソン著)-技術の進化が失…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る