menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

住民税額があがったのは・・・

給与所得者にとって、6月は住民税の徴収の年度が切り替わる時期ですが、住民税については前年分を納付しているということが忘れられがちです。

そのため、4月の昇給で給料が“わずか”しか増加していない割に、6月の給料から控除される住民税額が5月に比べて増加しているのに疑問を感じて、人事部等に問い合わせをする方もいるようです。

所得の変動を除くと、平成24年6月から徴収される住民税額に影響を与える要因としては、扶養控除が変更されていることがあります。所得税は昨年から適用となっていますが、冒頭に記載したとおり住民税は前年分が翌年の6月から徴収されることになりますので、平成24年6月徴収分から影響するということになります。

この改正は、子ども手当や高校無償化に対応して、扶養控除が見直されたもので、改正内容を確認しておくと以下のようになっています。

16歳未満  33万円→0円(子ども手当見合い)

16歳~18歳未満 45万円→33万円(高校無償化見合い)

18歳~22歳 変更なし(45万円のまま)

したがって、住民税額という観点からすると、16歳未満のお子さんがいる方の影響が大きくなります。小さなお子さんが2人、3人という場合は、改正前と比較するとなくなった扶養控除の金額も大きくなりますので、税額への影響も大きくなります。

16歳~18歳のお子さんの場合は、従来45万円(上乗せ分12万円)であったのが、高校無償化により上乗せ分が廃止され33万円に減額されています。

以上のように「子ども手当」が導入されたことによる影響が大きいわけですが、その「子ども手当」は結局どうなったのかについても確認しておきます。

昨年「子ども手当」と呼ばれていたものは、平成24年4月以降“新しい”「児童手当」制度に変更になっています(なんだかiPadみたいですが・・・)。

厚労省作成のリーフレットから主な内容をまとめると以下のようになります。

(1)支給対象

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

(2)所得制限(平成24年6月分より適用になります)

「子ども手当」と異なり、この児童手当には所得制限が課せられています。所得制限は以下のようになっています。

(出典:厚生労働省リーフレット)

(3)支給額

支給額は、児童の年齢に応じて以下のようになっています。

(出典:厚生労働省リーフレット)

(4)所得制限に該当した場合

上記の所得制限に該当した場合、特例給付として月額5000円が支給されることになっています。

たしか、当社は月額2万6000円とか言っていたはずなのに、気づいて見ればいつの間にか増税されているなんて、国家的悪徳商法、いや、悪徳増税手法ですよね・・・

当初の公約通りにいかないのであれば、扶養控除方式に一回戻して選挙やり直すのが筋ではないでしょうか。

日々成長。

関連記事

  1. 所得拡大促進税制の確認(その4)-雇用者給与等支給額(各論)

  2. 連結納税の税効果(その3)

  3. 事業所税の確認(その3)-資産割

  4. 消費税の経過措置通達が公表されました(法令解釈通達)-国税庁

  5. 少数私募債の利息が総合課税の対象に!-平成25年税制改正予定

  6. 「平成23年12月改正 法人の減価償却の改正に関するQ&A」が国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る