menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. インボイス制度の消費税端数処理はインボイス単位でしか認められない
  2. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より
  3. 18年3月期は定額法から定率法に減価償却方法を変更した会社が1社
  4. ハラスメント関連で実施されている諸施策は?
  5. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです
  6. 株式譲渡契約時の未払租税債務について売主に賠償命じる判決
  7. 攻めのIT経営銘柄が攻めすぎた件
  8. 法人が収受した立退料の消費税の取扱いは?
  9. 平成31年度税制改正でストック・オプション税制の拡充が検討対象になって…
  10. 山梨県のぶどうの樹はやはり財産評価額も高くなるのか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SBI追跡記事-FACTA2012年8月号

SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?“というエントリで、ここ半年くらいFACTAがSBIホールディングスを追っているということを書きましたが、FACTAの8月号では「SBIが面妖な日経全面広告」という記事が掲載されていました。

今回の記事の前半は、SBIが総会前日に日経にALA(5-アミノレブリン酸)に関する全面広告を掲載しているが、SBIファーマー(旧SBIアラプロモ)の時価総額を720億円と評価したことを正当化しようとするもので白々しいという感じの内容となっています。

今回の記事で興味深かったのは後半で、上記の時価総額720億円の根拠となったネクシィーズの増資の約半年前にSBIがアラプロモ株972億円をSBIの北尾吉孝氏に売却したという事実が、SBI香港上場時の目論見書に記載されていたという内容です。

「2012年12月30日、アラプロモの株式972株を1株102万8570円で、現金10億円で購入したとある」とのことで、「SBIのCEO(最高経営責任者)が、自分の会社が投資して尋常でない肩入れをしている企業の株式を、自ら会社ら購入するとはどういうことなのか。」とされています。

また、アラプロモの時価総額720億円の算出根拠となったネクシィーズや北尾氏が受けていた増資を同額で引き受けた企業が明らかとなったとして、以下の2つの企業の名前があげられています。
・ナガセ・・・「東進ハイスクール」「四谷大塚」「イトマンスイミングスクール」などを傘下に収めている。ナガセの母体をなった「ナガセ進学教室」を設立した永瀬氏が、北尾氏と野村証券の同期とのこと。
・澤田ホールディングス・・・HISやエイチ・エス証券などを傘下に収める持株会社。

また、コスモ石油が、旧アラプロモの14.4%株主であり、コスモ石油でのSBIファーマの評価額は1株5万円で、この差は何なのか?とされています。

ただこの点については、コスモ石油が旧アラプロモの設立時からの株主であれば、非上場株式なので時価評価されるわけではなく1株5万円で評価されていること自体は、会計基準上そうなっているというだけなのかもしれません。
逆に言えば、旧アラプロモは年々10億円の赤字を垂れ流す会社であったようですが、それでも減損されていないということになります。赤字も当初の事業計画どおりであれば、減損の対象から外されているということも考えられます。

この問題が、最終的にどうなるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 無対価吸収分割の会計処理-100%子会社から100%子会社

  2. 税務調査による追徴と過年度遡及修正の関係

  3. 償却原価法とその他有価証券

  4. 資産除去債務の簡便法(敷金償却)で見積もりを変更した場合の処理等…

  5. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  6. 震災関連の寄付金は特別損失?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る