menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  2. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  3. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  4. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  5. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  6. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  7. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  8. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  9. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
  10. 決算公告はいつまでに行わなければならない?-決算日後約5カ月後はOK?…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有価証券利息のキャッシュフロー計算書における取扱い

今回は、有価証券利息のキャッシュフロー計算書における取扱いについてです。

取扱いは受取利息と同じじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、その通りです。
では何故取り上げたかですが、小計欄の下でどのように表示するのかが自信がなかったためです。

ちなみに、小計欄の上での表示は以下ような表示になります。


(2011年12月期 大塚商会)

では、小計欄の下の表示はどうなるか。これを考えた時に、小計欄の下で「有価証券利息の受取額」というようなものを見たことがないので、どうするのかが即答できませんでした。

上記の大塚商会の小計欄の下の開示を示すと以下のようになっています。

結論としては、どうということもなく「利息及び配当金の受取額」に含めて表示することになりますが、この表示科目を正確に覚えていなかったことが今回の疑問の根源となっています。「利息」ではなく「受取利息」をイメージしていたため有価証券利息は含められないのではないかと思ったのですが、表示科目を確認して「そういうことか」と理解できました。

念のためPLの表示についても確認しておきますが、こちらは財規90条で以下のように定められています。

(営業外収益の表示方法)
第九十条  営業外収益に属する収益は、受取利息(有価証券利息を除く。)、有価証券利息、受取配当金、有価証券売却益、仕入割引その他の項目の区分に従い、当該収益を示す名称を付した科目をもつて掲記しなければならない。ただし、各収益のうちその金額が営業外収益の総額の百分の十以下のもので一括して表示することが適当であると認められるものについては、当該収益を一括して示す名称を付した科目をもつて掲記することができる。

また、連結財規57条では以下のように定められています。

(営業外収益の表示方法)
第五十七条  営業外収益に属する収益は、受取利息(有価証券利息を含む。)、受取配当金、有価証券売却益、持分法による投資利益その他の項目の区分に従い、当該収益を示す名称を付した科目をもつて掲記しなければならない。ただし、各収益のうち、その金額が営業外収益の総額の百分の十以下のもので一括して表示することが適当であると認められるものについては、当該収益を一括して示す名称を付した科目をもつて掲記することができる。

したがって、PL上は、受取利息と有価証券利息は、別科目として表示されることになりますが、キャッシュフロー計算書上の小計欄下では合算することができます。

何度も見ている項目であっても、意識していないことは記憶が曖昧なものです。

日々成長

関連記事

  1. 税務上の繰延資産の償却費の表示科目は?

  2. 定率法から定額法へ減価償却方法を変更する会社が急増

  3. グループ法人税と税効果(寄附金)

  4. 有償新株予約権の発行は時価総額100億円以下で多く採用

  5. グループ法人税と税効果(子会社株式等の売却)

  6. 第1四半期におけるCF計算書の開示・非開示の変更

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る