menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  2. 2017年IPOは96社(続編)
  3. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  4. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  5. 偽造印紙が発見されたそうです
  6. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  7. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  8. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  9. 2017年監査での課徴金トップ5など
  10. 平成30年度税制改正による返品調整引当金の廃止等
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

2012年8月29日に新日本監査法人から第1四半期のCF計算書の開示状況の調査結果が発表されました。

その調査結果によると、昨年の第1四半期にCF計算書を開示していた会社で今期から開示をやめた会社が3社、前期CF計算書を開示していない会社で今期から開示したを開始した会社が1社あったとのことです。

新日本監査法人の行った調査条件等は以下の通りです。

調査日:平成24年8月15日
調査対象会社:平成 24年4月2日現在 日経株価指数300のうち、以下の条件に該当する225社

・3月決算

・日本基準適用

・平成23年6月第1四半期も平成24年6月第1四半期もCF計算書を提出している
調査総数:225社

上記のとおり、開示状況は前期とほとんど変化ありませんが、開示していない会社が約75%、開示している会社が約25%となっており、非開示が主流となっています。

また、今期開示状況を変更した会社は以下の会社となっています。

平成24年6月第1四半期から四半期連結キャッシュフロー計算書の開示をやめた会社

1.三井化学(株)

2.新明和工業(株)

3.(株)三越伊勢丹ホールディングス

平成24年6月第1四半期から新たに四半期連結キャッシュフロー計算書の開示を始めた会社

1.国際石油開発帝石(株)

任意に開示していたものをやめるのは、なかなか勇気がいりますが、CF計算書の作成は情報の収集を含めて相当負担が大きいので、開示をやめたいという会社が出てくるのは当然といえます。もう少し、開示→非開示の会社がでてくるかなと思っていましたので、3社というのは少々意外です。敢えてCF計算書を開示することを選択した会社なので、CF計算書を作成することをそれほど負担に感じていないということなのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. 四半期の税金費用で通期損失の場合に使用する実効税率とは?

  2. 会社更生法はどんなもの?(その2)

  3. 「1株当たり純資産額算定上の基礎」を開示することも意味がありそう…

  4. エナリスのストップ安とその後の会社の反論(会社の見解)を考える

  5. 消費税(その4)-個別対応方式の用途区分2

  6. 連結納税(その4)-導入のメリット(損金算入限度額が大きくなる可…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る