menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 条件付対価返還の会計処理を明確化する方向で検討
  2. 日産自動車の経営者って・・・
  3. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました
  4. 業績連動給与-損金算入要件を充足しないと考えられる有報記載事例とは?
  5. 仮想通貨の期末評価は、活発な市場があれば時価評価になるようです
  6. 合併時の資本割りの計算方法が平成30年度税制改正で見直されるようです
  7. 株式報酬の社会保険料はどうなる?
  8. 取引所の相場のない株式の評価-平成29年度税制改正
  9. 労働時間等は短くなっているのか?-2017年度労働時間総合調査(労務行…
  10. 個人事業者の接待交際費、必要経費か否かの分岐点とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

フィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました

以前、英語の勉強を兼ねて購読しようか迷ったことのあるフィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました。

何故送られてきたのかは定かではありませんが、おそらくFT.comの無料会員登録をしているためではないかと思います。

このお試しはかなり手厚い内容となっています。日本の新聞だと「お試し日経1週間」というように1週間程度が通常ですが、今回の案内ではなんと、4週間(週6日)の無料購読にモバイル等で閲覧できるFT.comの利用まで可能な内容となっています。

ちなみに、フィナンシャル・タイムズの購読になかなか踏み切れない理由は、その価格です(海外ではそれほど高くないようですが・・・)。日本で購読しようとすると、年間で124,800円が通常価格となっています。つまり、月1万円ちょっとという価格です。個人で購読するにはなかなかしんどい価格設定です。今回の案内では、キャンペーン価格として99,840円となっていますが、それにしても月8千円ちょっとの計算になります。

さすがに格式高いFTなので「無料購読度の自動有料購読申込みは一切ございません。」とのことで、購読しない旨の連絡をし忘れて自動で購読を強制されるというようなことはないようです。

ここまで条件が整っていると、特に断る理由もないので無料購読を申し込もうと思います。ただ、申込み期限が10月25日までとされているので、2Q決算が落ち着いてから申し込みを行おうと思います。

今回の案内で要注意な点を強いてあげるとすれば、キャンペーン価格で年間99,840円となっていますが、「そのまま購読を継続する場合は、1年間の新規購読者特別価格で更に48週間フィナンシャルタイムズ紙が配達されます」と小さな注書きが記載されていることです。つまり、無料購読機関の4週間を含んで1年間の価格という設定になっています。

上記のような点はありますが、4週間無料で実際に読んでみて継続するかどうかを判断しようと思います。

日々成長

関連記事

  1. Rosetta Stoneをはじめてみました

  2. 英語学習

  3. 英語を正しく読む

  4. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  5. iPhone(iPad)アプリの意外な利点

  6. 信号を待つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る