menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年度税制改正(その6)-スクイーズアウトに関する組織再編税制等…
  2. リストリクテッド・ストックは業績連動給与に該当するのしないの?
  3. 過年度損失の当期損金性と公正処理基準の関係
  4. 公認会計士・監査審査会が監査アリアに対する行政処分を金融庁に要請
  5. 平成29年度税制改正(その6)-中小企業者等向け設備投資促進税制の拡充…
  6. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加
  7. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効
  8. 富士フイルムの不適切会計-処分が厳しいなと感じたけれど納得の第三者委員…
  9. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加
  10. 議決権行使結果の個別開示を要請-改訂版スチュワードシップ・コード
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ワンデーアキュビュートゥルーアイも随分安くなってますね

自分が使用しているクーパービジョン社のワンデーアクエアプロシーの値段をチェックしていたら、ジョンソン&ジョンソン社のワンデーアキュビュートゥルーアイが処方箋なしでもずいぶん安く買えるようになっていることに気づきました。

また、以前は度数が強いレンズは取扱いがないことが多かったのですが、現状では-9.0まで取扱いが拡大されています。以下のネットショップの場合、4箱購入から送料無料となって、4箱の場合1箱2160円、6箱の場合1箱2150円、8箱の場合1箱2140円となっています。

ちなみに、ワンデーアクエアプロシーは、以下のショップで1箱2080円(送料込で考えた場合。ただし、最低送料800円なので、3箱以上購入しないとこの価格にはなりません)となっており、複数箱購入による割引はとくにありません。ただ、2か月に1回くらいはセールで1箱1980円(稀に1880円)になります。通常の値段で考えると、ワンデーアクエア―プロシーとトゥルーアイの値段差はほとんどなくなってきたので、あと少し下がればトゥルーアイに切り替えるということも検討の余地がありそうです。

実際のところ、どちらが良いレンズなのでしょうか?両者のレンズについて触れているサイトによっては、トゥルーアイの方が優れていると記載されているものもあります。トゥルーアイも5日間くらいテストレンズで使用したことがありますが、確かによいレンズでした。ただ、ワンデーアクエア―プロシーを1年以上使用している感想としては、目の渇きが気にならないという点ではこのレンズに特に不満はなく、とてもよいレンズだと感じています。

また、プロシーが安く購入できるショップを探していたら、クオッタというショップを発見しました。このショップでは、90枚入りで5,290円となっており、すごく安い!!と思いましたが、送料が870円かかるので、それを考慮すると通常の1箱分が約2030円となり、若干安い程度となっています。また、お届け期間が2~3週間とLENSMODEと比べると商品が届くまで時間がかかるようです。

プロシーとトゥルーアイ、どちらがよいレンズなのかは、トゥルーアイをある程度の期間使用してみないと判断できませんので、次は2か月位トゥルーアイを使用してみようかなと考えています。

日々成長

関連記事

  1. 「心を上手に透視する方法」とは?

  2. 企業財務会計士なくなる!

  3. 象印の炊飯器「南部鉄器 極め羽釜」はいい

  4. Kindle Paperwhiteを買ってみた

  5. ワンデープロシーが連休中は少し安いです

  6. 大地震!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る