menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 特定退職金共済とは何ですか?
  2. 内々定の法的性格は?
  3. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  4. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  5. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  6. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  7. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  8. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  9. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  10. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

改正労働者派遣法と消費税増税は雇用にどのように作用するか?

改正派遣法の影響は大きい?小さい?”というエントリで改正労働者派遣法の概要については述べましたが、大方の予想通り、改正法の施行日は平成24年10月1日に確定しました(政令第210号)。

今回の派遣法の改正は、非正規雇用から正規雇用への転換を促進することを一つの目的としているようですが、先日決定された消費税増税との関係を考えると、消費税増税は派遣法の改正目的とは逆方向に作用すると考えらえれます。

正規雇用者が減少し、非正規雇用者が増加しているのは、非正規雇用者を使用する方が低コストであるためです(少なくとも使用者の立場ではそのように考えています)。したがって、正社員でなくても任せることができる、あまり重要度が高くない仕事や高いスキルが不要な仕事については派遣労働者を使用することにインセンティブが働きます。

先日5%から(8%をはさんで)10%に増税されることが決定された消費税が、労働者派遣にどのように影響するかですが、使用者からすれば正規雇用者を非正規雇用に転換して消費税の増税による影響を緩和しようとするインセンティブが働くのではないかと考えられます。

つまり、正規雇用者に対する給料に対しては消費税が課税されないため仮払消費税は0でるあるのに対して、派遣元に対して支払う派遣労働者の費用は消費税の課税対象であり仮払消費税が生じるため、いずれにしても支払う必要のある人件費により消費税の納税額を削減することが可能となると考えられます。

仮に、正社員・派遣社員のどちらが担当してもよい業務を行っている正社員の月額人件費(月給・賞与・会社負担の法定福利費等々をすべて込みで考えた場合の総費用)が月額100であるのに対して、派遣社員の月額費用も100(税込)であったとしたら、払う金額が同じであっても消費税分派遣労働者を使用したほうが有利ということになります。

つまり、消費税率が上がったことによって、正社員の人件費を課税仕入れになる派遣労働者に切り替えるインセンティブが大きくなるという側面があると考えらえます。これを防止するためには、少なくとも税込で考えた場合の費用が正社員<派遣労働者という関係が必要ではないかと思いますが、現実問題としては難しように感じます。

以上のように考えると、改正派遣法が非正規から正規雇用への促進を目指している一方で、消費税の増税は逆方向に作用すりように思います。結局のところ、改正派遣法が目的としている派遣労働者の待遇改善によって、使用者にとってコスト面では不利であるものの流動性の点で派遣社員の方が有利という状況が形成されない限り、正規雇用を非正規化して消費税の増税の影響を緩和しようとするケースが生じてくるのではないかと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

  2. 価格改定用シールの提供要請も消費税転嫁対策法の指導対象に

  3. 4月1日午前0時をまたぐ場合の消費税の取扱い(その2)

  4. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その2)

  5. 「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を…

  6. 3月決算の貸倒引当金の経過措置は平成27年3月期で終了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る