menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSの強制適用が延期されても定額法への変更は進んでいるようです

経営税務3079号(2012年9月3日号)で「本誌調査 24年3月期 上場会社の1.3%(32社)が会計方針変更」という記事が掲載されていました。

同記事によると、平成24年3月期決算の上場2,507社のうち、32社(1.3%)が「会計方針の変更」をおこなっており、このうち20社は定率法から定額法への変更であったとされています。なお、定額法から定率法へ変更した会社は1社もなかったとのことです。
 なお、直近5年間でみた場合は、定率法→定額法への変更は82社、定額法→定率法への変更は9社となっています。

この変更については、「IFRSを採用する欧州各国で定率法の事例が少ないことも影響している可能性がある。」、「ただし、変更理由でIFRSに言及した会社は1社もない」とされています。便益の費消パターンが定率法にマッチしていることを説明するのが難しいのでは?と言われてるだけで、IFRSにおいても定率法の採用が認められていないわけではないので、会計方針の変更理由でIFRSに言及しているケースがないのはある意味当然です。仮にIFRSで認められない可能性があるので変更するというのは、現時点では理由になりません。

したがって、変更理由としては、今後の便益費消パターンを見直した結果、定額法がより妥当な方法であったというような内容になります。平成24年3月期で定率法から定額法に償却方法を変更した会社の事例をいくつか確認したところ、以下のようになっていました。

1.帝人

2.住友化学

3.東海ゴム工業

4.横河電機

上記の事例からすると、今後「安定的な」稼働あるいは収益獲得が見込まれるという理由が使えそうです。一方で、東海ゴムのような記載は「経済的実態」をより反映したためという理由が記載されているものの、後半の海外子会社に方法を合わせたというのが実質的な理由のように感じられるので、前半をもう少し詳しく書いた方がよいのではないかと思います。

以下で、上記で紹介した4社以外の16社の社名だけ紹介しておきます。

・極楽湯
・ジェーシー・コムサ
・太陽日酸
・田岡化学工業
・新日本理化
・出光興産
・ジャパンパイル
・北越メタル
・住友電気工業
・昭和電線ホールディングス
・東プレ
・日新電機
・ユニ・チャーム
・空港施設
・丸運
・富士ソフト

日々成長

関連記事

  1. 貯蔵品と最終仕入原価法

  2. 第1四半期におけるCF計算書の開示・非開示の変更

  3. 虚偽記載等の損害賠償責任が過失責任に

  4. 簡便法を採用しているときの過年度退職給付費用の開示

  5. 監査意見不表明-同一グループの他の上場企業への影響は?

  6. IFRSによる有価証券報告書ー住友商事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る