menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「業務会費」約8億円の未納って・・・

JICPAニュースレター11月号に「業務会費の納付問題の経緯及び今後の対応策について」という付録がついていました。

第46年度事業決算において約7億9千万円の未収業務会費を計上したことに関連したものす。どうやらJICPAニュースレター9月号でも触れられていたようですが、全く目をとおしていなかったので、何だこれ?と関心をもちました。

そして、会計士の年会費を払っていない人がそんなにいるのか?と全くの勘違いをしてしまいましたが、「業務会費」なので、法定監査を行った監査人が協会に収める上納金で未納が生じたということでした。

このような未納が発生した主な原因は、みすず監査法人の解散に伴う被監査会社等の移管に係る事務の混乱によるとされており、未収計上された大部分は現時点で納付されているとのことです。

約8億円も会費が未収でわからない位、業務会費収入が大きいのかという疑問に対しては、「業務会費収入の事業年度ごとの推移としては、内部統制監査が導入されたのが同時期にかかることから、これに伴う監査報酬の大幅増加が業務会費の納付漏れに伴う減少を打ち消してしまい、業務会費未納の事実を業務会費収入の推移から把握することは難しい状況であった」と述べられています。

JSOX導入で、それだけ監査報酬が上がったということなのでしょうが、内部統制監査導入で内部統制の不備に気が付かないというのは笑うしかありません。しかも会計士協会なのに・・・。

そして、今後はきちんとシステマチックにやりますというようなことが対応策として述べられていますので、きちんとやって下さいとしかいいようがありません。

日々成長

関連記事

  1. 「仮説思考」(内田和成 著)を読んで

  2. ”君臨する企業の「6つの法則」”とは?

  3. メガソーラ事業の収益性は高い?

  4. 2012年の上場企業におけるMBOは10社-経営財務3099号よ…

  5. 「督促OL修行日記」・・・督促って大変なんですね

  6. 学習塾の泥仕合・・・進学会VS栄光ホールディングス(2012年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る