menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  2. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  3. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  4. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  6. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  7. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
  8. 定性情報すべて省略が7%(四半期決算短信)
  9. 四半期開示はなくなるか?
  10. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

課税売上割合に準ずる割合とは?(その3)

課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)“の続きです。今回は、税務通信3225号で「課税売上割合に準ずる割合」として認められる可能性があるとされていた以下の項目のうち残りの③床面積割合、④取引件数割合について内容を確認していきます。

①事業部門割合

②従業員割合

③床面積割合

④取引件数割合

なお上記の割合については国税庁が公表している「-平成 23 年6月の消費税法の一部改正関係- 「95%ルール」の適用要件の見直しを踏まえた仕入控除税額の計算方法等に関するQ&A〔Ⅰ〕【基本的な考え方編】 」の問23~問26で取り上げられている項目となっています。

3.床面積割合

これは、①専用床面積に比例して支出されると認められる共通仕入分について、②床面積を課税資産の譲渡等と非課税資産の譲渡等に係る業務ごとに区分できる場合に、床面積の割合で「課税売上割合に準ずる割合」を算出する方法です。算式で示すと以下のようになります。

上記の算式において、課税資産の譲渡等及び非課税資産の譲渡等の双方の業務で使用する専用床面積については、原則として分母、分子のいずれにも含めないものとされています。

例えば、各区分の床面積が以下の通りであったとします。

①課税資産の譲渡等に係る業務でのみ使用する床面積 3000㎡

②非課税資産の譲渡等に係る業務でのみ使用する床面積 1000㎡

③課税資産の譲渡等と非課税資産の譲渡等の双方の業務で使用する床面積 1500㎡

この場合、上記の③は床面積割合の算出には関係せず
 ①÷(①+②)=3000/(3000+1000)=75%と計算されます。

また、床面積の使用割合の判定日は、原則として課税期間の末日の現況によるとされています。

4.取引件数割合

これは、①取引件数に比例して支出されると認められる共通仕入分について、②取引件数を課税資産の譲渡等と非課税資産の譲渡等に係る件数に区分できる場合に、取引件数の割合で「課税売上割合に準ずる割合」を算出する方法です。算式で示すと以下のようになります。

税務通信の記事では、「取引件数割合を適用することが認められる共通用課税仕入れは、製造原価に含まれるもの以外のもので、取引件数に比例して支出されると認められるものが対象となると考えられます。」と述べられています。

特に具体例は記載されていませんが、例えば、戸建て販売を行っている事業者の営業部門で雑用を担当している派遣社員の派遣費用というのは取引件数割合を使用できる可能性があるのではないかと思います。

納税者にとって有利かつ実態に即していると説明可能な割合を検討する必要がありそうです。

日々成長

関連記事

  1. 「高額特定資産」とはなんですか?(その3)-平成24年改正(特定…

  2. 著作権は電気通信利用役務を構成しないそうです

  3. 消費税10%引上時の経過措置を確認-改正令(2014年9月30日…

  4. 平成27年度税制改正(その4)-消費税関連

  5. 平成26年4月以降の保守期間分の消費税を追加請求しない場合の会計…

  6. 海外出張の日当も課税仕入か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る