menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  2. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  3. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  4. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  5. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  6. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  7. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  8. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  9. どうなるSOX?
  10. IFRS任意適用目標と実績の差は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの暗号化

外部のストレージとして既にDropboxとバッファローの外部からアクセス可能なLAN対応のハードディスクを利用していますが、セキュリティ面にあまり自信がないので、万一流出してもず差しさわりのないものだけを保管しているようにしています。

しかしながら、もっと効率的に作業環境を整えられないかと考えると外部ストレージをもう少し有効に活用できたらなと考えています。ファイルの同期を実現できるサービスとしては値段的にSKY Driveが安そうなのでこれを利用しようかと思っていますが、データの暗号化を実現する手法として”Cloudfogger”というものが利用できることを知りました。検索すると利用方法等を開設したサイトが結構出てくるので、知っている人は知っているもののようです。

GigaZINEの記事”無料でDropbox・SkyDriveなどを国家レベルの暗号化で自動的に保護する「Cloudfogger」”によると、無料で「国家レベルの暗号化」が実現できるとのことで、実際のところはよくわかりませんがとりあえず利用してみることにしました。

基本的にダウンロードから使用の仕方まで上記の記事に記載されているので、そのとおりにやっていけば問題なくインストールできます。細かな点でいえば、上記ではインストール後に登録したメールアドレスにパスワードが送られてきて、そのコードを入力しなければならないということでしたが、私がインストールした時点においてはこの作業は不要でした。

そのうち有料化されそうなので、とりあえずインストールしておくとよいかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. オーディオブックーFebe

  2. ワコムのBambooスタイラス-iPad入力用

  3. Goodreaderで加工したPDFファイルをダウンロードする方…

  4. iOS5にしようとiTuneをアップデートしようとしたら、「この…

  5. iPadのスクリーンコピー

  6. PCデータの自動バックアップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る