menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

FACTAのSBI叩きは継続中-2012年10月号

毎月よくネタがあるものだと感心してしまいますが、FACTAのSBI叩きは2012年10月号でも継続していました。

10月号の関連記事のタイトルは「SBI韓国投資先が騙る「孫の褌」-あわや営業停止の貯蓄銀行から2年で87億円の評価益。国内そっくり益出し手口」というものです。ちなみに、「褌」は「ふんどし」です。

タイトルでいうSBI韓国投資先とは、現代スイス貯蓄銀行(韓国の「現代」グループとは何の関係もないそうです)のことです。「韓国の金融当局が貯蓄銀行の不正を調べ構造調整する過程でソロモン、第一、釜山など貯蓄銀行20行を営業停止にした」際に、この現代スイス貯蓄銀行は、「日本の信用ある”ソフトバンク系投資会社”の支援を条件に処分を免れた」と報道されたそうです。

ここでいう「日本の信用ある”ソフトバンク系投資会社”」が実はソフトバンクとはもはや関係がないSBIホールディングスの子会社であるSBIコリアホールディングスであるが、現代スイスのHPではソフトバンクから投資を受けているかのように書かれているため、韓国の記者が間違えてもしかたがないと述べられています。

ところで、なぜ「日本の信用ある”ソフトバンク系投資会社”の支援」があると処分を免れることができるのかですが、この点については「在日のヒーロー、孫正義の名前は、それだけ信用力があるということだろう」とされています。米国の携帯会社を買収するというのが嫌気されて株価が大幅に下落したことで今話題となっているソフトバンクですが、韓国の金融当局の調査にも影響するくらい孫氏の名前に影響力があるというのは意外でした。

そしてこの現代スイス貯蓄銀行株で、SBIは11年3月期に評価益14億円、12年3月期に73億円の評価益を計上しており、「金融当局のみならず検察の捜査対象となっている金融機関が、どうして73億円もの評価益を出るのか」とし、調査の結果、アラプロモと同様の手口を使って益出しをしていることがわかったとされています。

ざっとこんな感じですが、本筋には影響しないものの興味を魅かれた点がもう一つあります。というのは、SBI追及を始めて間もないころに、精度の高い内部告発文がFACTAに届いたという点です。その告発状には「これ以上世間の人々が北尾にだまされるのを見るにたえられません」と書かれていたそうで、そんな告発状をFACTA編集部に送るくらいですから、証券取引等監視委員会などにも同様の告発状が送付されているのではないかと推測されます。

さて、どういう結末がまっているのか次号に期待です。

日々成長

関連記事

  1. LEAN IN(シェリル・サンドバーグ)を読んで

  2. 毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方…

  3. ”道具としての経営理論”

  4. マクドナルドが11年ぶりに赤字予想に!-消費期限切れ肉使用問題が…

  5. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その2)…

  6. 顧客満足度の向上は会社の業績を向上させる?-「J.D.パワー 顧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る