menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の会計処理の原案が明らかに
  2. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理
  3. 二社以上の取締役を兼務する場合の社会保険の取扱い
  4. 「会計税務委託料を必要経費と認めず」が昨年一番読まれた記事だったそうで…
  5. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に
  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?
  7. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも
  8. 監査報告書にサインする会計士の数に意味はある?
  9. 平成29年度税制改正で連結納税採用は加速する?
  10. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調査)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

修正再表示と訂正報告書

経営財務3091号(2012年11月26日)のミニファイルで「修正再表示と訂正報告書」が取り上げられていました。

同記事によると、修正再表示の注記例としては”誤謬による修正再表示の事例-2012年3月期 加賀電子”および”「重加算税」部分も遡及修正の対象になるか?-続編”というエントリで紹介した加賀電子とランシステムの2社があったとされています。

この2社のうち加賀電子は訂正報告書を提出していますが、ランシステムは訂正報告書を提出していません。

金商法上は、修正再表示をするほどの重要な誤謬であれば、訂正報告書が提出されるため「修正再表示」の注記がなされるケースは稀とされています。これは、金商法上は、今期の財務諸表で表示される過去情報を修正再表示しても、過年度の瑕疵を解消する効果はなく、訂正報告書を提出すべき状況に変化はないためです。

加賀電子は平成24年3月期の有価証券報告書を平成24年6月28日に提出しており、一方で前期分の有価証券報告書の訂正報告書はそれよりも1カ月程度前の平成24年5月30日に提出済みです。

したがって上記のような考え方からすれば、加賀電子のケースでは平成24年3月期の有価証券報告書で修正再表示についての注記は行わなくてもよかったということになりますが、個人的には加賀電子の開示の方が利用者にとってはありがたいように思います。

というのは、有価証券報告書等の利用者は、訂正報告書があることを前提としていないのが普通で、訂正報告書の存在に気付かないこともあり得るからです。ただし、これはEDINET上の表示を工夫してくれれば解決しそうな気がします。(東証のHPで公開されている新規上場会社のIの部の訂正が開示されているような形式にしてくれれば一目瞭然だと思います。)

加えて、修正再表示をするような重要な誤謬であれば修正再表示の注記が不要としてしまうと、この注記の規定の意味がほとんどなくなってしまうことから、基準作成者は、訂正報告書を提出しても注記することを期待していたのではないかと推測します。

日々成長

関連記事

  1. 5330699_xl

    過年度遡及修正と金商法の関係

  2. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その3)-財務情報

  3. 上場会社の平均給与は4年連続増加-東京商工リサーチ調べ

  4. 平成26年3月期有価証券報告書の記載事項の変更箇所(その2)

  5. 「重要事象等」と「継続企業の前提に関する注記の関係」は?

  6. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る