menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. トーマツの「トーマツイノベーション&デリバリーセンター」が開所って何す…
  2. 兼業・副業時の残業代は誰が払う?
  3. 適時開示PDF資料のプロパティに要注意
  4. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か
  5. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)
  6. 会社法における「株式交付」に係る規定を整備する方向で検討
  7. 子会社である法人が留意すべき法人税実務
  8. 採用以来約30年間にわたる勤務成績・勤務状況の不良を理由とする普通解雇…
  9. 労働契約締結前の労働条件の明示内容等の改正(平成30年1月1日施行)
  10. 「実務補習生の不適切な行為について」って何が?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法へ減価償却方法を変更する会社が急増

”有形固定資産の償却方法、定額法採用が急増”という記事が2012年11月5日号の経営財務に掲載されていました。

同記事によると、平成25年3月期の第1四半期に有形固定資産の減価償却方法を定率法から定額法へ変更した会社が80社あったとのことです。ちなみに平成24年3月期第1四半期では50社で、昨年との比較でも大きく増加しているそうです。

ここ2年で130社が定率法から定額法へ減価償却方法を変更しているということになり、かなりの数の会社が減価償却方法の変更に踏み切っています。

変更理由について、同記事では以下の二点を挙げています。

①グローバル化の進展により海外設備投資の重要性が増したため海外で採用されている定額法へ減価償却方法を変更しているため
②開示内容からは読み取れないものの、IFRS適用への準備によるため

平成25年3月期第1四半期で減価償却方法を変更した80社の約8割は東証一部上場会社で、この中には、日立製作所、ソニー、ホンダなどが含まれています。これらの会社はいずれも米国基準で決算を行っている会社ですが、これらの会社が定率法から定額法へと舵を切ったというのは興味深い点です。

日立製作所、ソニー、ホンダの平成25年3月期第1四半期の税前利益と減価償却方法の変更による影響額との関係は以下のようになっていました。

経営税務の記事のとおりグローバル化の進展による海外設備投資の重要性が増しているといっても、変更による影響額は決して小さな額ではありません。これらの3社は、従来から米国基準で財務諸表を作成しグローバルに活躍してきた会社なので、いまさら定額法への変更しなくてもよかったのではないかと思えてなりませんが、将来IFRSが強制適用され米国基準での開示が認められなくなった場合を想定して変更に踏み切ったということではないかと推測されます。

少し穿った見方をすれば、定率法による節税メリットを放棄してまで定額法を採用するのは国内投資は今後も減少していくことが予想されているということであるとも考えられ暗い気持ちになってしまいます。あるいは、IFRS適用を隠れ蓑に単に会計上の利益が出やすいようにしただけなのかもしれません。

定率法から定額法への変更は今後も増加していきそうですね。

日々成長

関連記事

  1. 繰越欠損金の控除限度額の引き下げと税効果

  2. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点

  3. 連結納税(その2)-連結納税を導入するメリットは?

  4. 平成25年3月期から適用になる新基準等は?

  5. 会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響な…

  6. コントロールプレミアムの水準はどのくらいが妥当か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る